読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける(1)

ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける(1) (モンスター文庫)
ある私立の全寮制の学校が、まるごと異世界に転移した。高等部1年生でいじめられっ子のぼく・賀谷和久は、いじめの主犯を殺すために掘った落とし穴で、偶然モンスターを殺した。その瞬間から、ぼくはモンスターに対抗できる稀有な存在へと進化した。同じ日、ぼくは森の中でオークに襲われていた中等部3年の美少女・下園アリスを助けた。アリスとともにオークを倒しレベルアップをしていくなか、ぼくはある選択を突きつけられた。自分ひとりで生きるために最適な召喚魔法か、それとも、他人と一緒に戦うための付与魔法か―「小説家になろう」発、大人気サバイバルファンタジー!




開幕から殺人を犯すために画策する主人公の“和久”。異世界に生息するオークにレイプされる少女たちの死骸。レベルアップをする度にたどり着く不思議な空間を利用した蜜月な雰囲気と“アリス”との事後の描写。ある意味で大人な内容のモンスター文庫でした。
異世界ではゲームシステムのように、モンスターを倒すことで経験地を獲得しレベルアップ。そのボーナスとして得たスキルポイントを活用しスキルを習得。スキルを駆使しての戦闘はスローテンポで進行し、レベルアップしたスキルやこれまでの戦闘経験をいかした戦術展開。口絵に登場する人物はそれぞれことなったスキルを選ぶので、戦闘の自由度が話が進むにつれて広がっていきます。
スローテンポで密度の濃い内容で非常に読み応えがありました。