読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ウィッチハント・カーテンコール 超歴史的殺人事件

ウィッチハント・カーテンコール 超歴史的殺人事件 (ダッシュエックス文庫)
祭りの最中、少女が炎の海に没した。密室かつ衆人環視、そのうえ千年前の伝説を模倣した形で。魔女の手によるこの事件に、新米騎士ウェルナーと『魔女狩り女伯』ことルドヴィカが挑む。だが二人は知らなかった―事件の裏に眠る超歴史的真実の存在を。さらに追い打ちをかけるかの如く、ルドヴィカの前に異端審問官の少女・エルシリアが立ちはだかる。旧友にして天敵同士の二人は、とある悲劇を共有していた―少女達の対立、魔法に彩られた事件、千年間解かれなかった謎。そして偽りの真実が牙を剥いた時、少年は己が正義の在処を知る。第1回集英社ライトノベル新人賞“優秀賞”。精妙にして峻烈なるファンタジー・バトル・ミステリ!!




第1回集英社ライトノベル新人賞優秀賞》!
新人賞ゲスト審査員・新房昭之(アニメ監督・代表作『魔法少女まどか☆マギカ』など多数)も絶賛した若き新鋭のデビュー作!!

今年に読んだライトノベル新人賞作品のなかでもずば抜けて面白かった!!
『ファンタジー』と『バトル』と『ミステリー』が融合した作品。1冊にこれでもかってくらいに真相の解明に繋がる描写が含まれていて、読んでいてまったく飽きがこない。読み始めたら手が止まらなくなってるし、サブタイトルの『超歴史的殺人事件』の由来のすべてがこの1冊に詰め込まれてた。

もうね、「帯で絶賛とかのコメントなんて買う人の手に取ってもらうための飾りでしょ?」って言いたいくらいだったけど、読み終わってみると「調子こいてごめんなさい!!」って謝りたくなってくるね(笑)

うん。これは間違いなくオススメできる1冊。