働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

女騎士さん、ジャスコ行こうよ 3

女騎士さん、ジャスコ行こうよ3 (MF文庫J)
相も変わらず日常が続いている平家町。田舎暮らしが板に付いてきた女騎士、クラウはテレビ番組で観たホタルの美しさに感動し、町役場のホタル育成事業で雑務バイトをすることに。一方その頃、麟一郎の学校ではクラスのマドンナ水神さんがお見合いをするという噂が立ち学校全体を巻き込む騒動に!?関連RT数1万越え!話題沸騰の女騎士系田舎日常コメディ、懲りずにまだまだ第三弾!





ジャスコの存在はもはや見る影もない。『ジャスコ的ななにか』として登場させることでこの作品のタイトルを回収していくメタなネタを放り込んでくるとは。色々な意味で印象に強く残るエッジの効いたラノベだぜ。

学園のマドンナ的存在・水神ハイドゥラ。ぼくの目には彼女は触手型モンスターにしか見えないんだが。これはぼくの目が彼女の美貌を捉えることができないからなのか。田舎を舞台に数多くの宇宙人たちが住まう地域で希少な人間サイドの麟一郎やクラウたちまでもが、ハイドゥラさんを美人と称する。もう自分の感性が狂ってるのか、それとも本当に心のきれいな人には彼女が美人に映るのか。
この世界観を素直に受け止めようとすると脳が果てしない拒絶反応を起こしてしまう。ぶっ飛びすぎにもほどがあるってもんだ。

そもそも、3巻1発目の挿絵で、前後の文脈と絵図らを考えれば女騎士のクラウのイラストを挟めば目の保養になるところを、あえて曲げてまで麟一郎の祖母に恋心を抱いているオークのダイナマイトジョニーを採用するあたりがくせ者過ぎる。ほんと、こんなぶっ飛んだ田舎になんて死んでも住みたくないと思えてくる。