働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

なれる!SE 13 徹底指南?新人研修

なれる!SE (13) 徹底指南?新人研修 (電撃文庫)
工兵の社会人二年目がスタート!そしてまさかの大盛振る舞い、大量十人の新卒社員を迎えたスルガシステム。新人の教育担当となったのは例によって…工兵でした!「学生ベンチャーやインカレサークルで部長を務めてたんで~」な意識高い系や、「ホットヨガの予約があるので帰ります~」と仕事も終わらせずに華麗に定時退社など、ゆとり爆発の新人たちに社内は大混乱!そしてついに、工兵も怒りに任せて大爆発してしまい!?はたして工兵は無事に新人たちを戦力化できるのか!?萌えるSE残酷物語、新人教育編の第13弾!





新卒ゆとり社員の問題行動と新人教育の難しさを、社会人二年目の桜坂工兵が流れ的に教育担当に抜擢されたのが今回の内容。シリーズ13巻目にわたるこの作品もなんだかんだで、社長(ブラック企業)が持ち込んできた事故案件の数々をこなしていくうちに急成長企業としての株も上がってきているのが現状。それを機に社員数を急激に増やしたのはいいが、もとが少数精鋭で終電帰りは日常茶飯事、休日出勤ありのブラック企業。新人教育のノウハウもなく、教育期間中に社員それぞれのスキルに適した部署へ配属させなければいけないなかで併行して、新人の教育もしなければいけない。あっ、研修担当を受け持った社員の業務もあいた時間に行わければいけないので、いつも通り桜坂君は重労働ですね。本人はおくびにも出さずにさらっとこなしてるけど、たった1年で見事に仕事が生きがいの社畜に成り上がってました。

そしていつものことながら、現場で起こるトラブル、取引先との人間関係の構築、システムエンジニアとしての職務、どこまでもリアリティーのある世界観で思わず見入ってしまいますね。顧客とのトラブルには最善の対処をとらなければならないし、システムの不具合に関しては解決策がなければ対応することができない。スルガシステム、ひいてはこの業界で生きていくためにはこういったスキルが必要になってくるなかで、現場での経験を積ませつつ新人を教育していく姿が面白かったです。