働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

災厄戦線のオーバーロード (3)

災厄戦線のオーバーロード (3) (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
異次元の扉が開き、怪物“グラフ”が現れる日本。次元狭界管理機構によって保たれていたその平穏が、ついに崩壊!数万を超えるグラフが実体化し、日本各地で襲撃を始める!笹宮銀の支部も決死の防衛戦を繰り広げるが、被害は増えるばかり。三次元の世界では銀も実力を出し切れず、起死回生の作戦もさらなる被害を生む危険性があって―その時、一番弟子である口原琴音が口火を切る!「あたしが銀先輩の全てを、受け止めてみせますから!」「―お前は俺が育てたからな。信じてるさ」『最弱』が『最強』に並ぶ時、奇跡の一撃が生まれる!


異次元の怪物“グラフ”と戦う異能力者“イレイザー”たちの物語。本作のメインヒロイン的存在の口原琴音が雑魚育成プログラムを通じて『物体を3センチだけ動かせる』。この中途半端で曖昧な異能力の真価と可能性を見せていく展開は鳥肌が立ちますね。曖昧だからこそ可能な幅広い解釈、そんな能力だからこそ活躍できる場へのお膳立て、異能力バトルものの面白さのツボを刺激してくれる最高のラノベでした。
口原琴音を含め、雑魚育成プログラムを通るイレイザーたちのクセの強い不明瞭な異能力を検証・実験・考察していき、結果からその異能力の最大の活用方法を見出していく展開はとても面白かったので、これで終わるのが心苦しいですね。

それと、口原琴音と教官の笹宮銀の恋の行方ももう少し見たかったかな。全てが1人称視点で書かれているのが本作品の特徴で、琴音と銀の二人の視点で書かれる恋模様の心境の変化をストレートに感じることができるので、赤面するヒロインの動揺ぶりと想いが全て赤裸々に語られているところが面白かったですね。もともとラブコメなんてヒロインの反応を見れば百も承知だけど、ここまで二人の心のうちがオープンに晒されているとそれはそれで普段と違ったラブコメを楽しめるのが魅力でもありますね。

第27回ファンタジア大賞金賞受賞作の完結編。3巻という短いシリーズでしたけど、この作者の次回作に期待です。