働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (13)

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (13) 大学生編 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
夏コミが終わり、学園祭に向け、ギャルゲーを題材にした実写映画を制作することになった俺たち漫研究、ゲームのヒロインに合わせて、小豆ちゃん(幼なじみ枠)、ムラサキさん(お姉さん枠)を出演者として迎え、合宿を行うことに!俺は全ヒロインとフラグが立っている状態で、主人公として告白されることになっているのだが…「ずっとあなたのこと…独り占めできたらいいのに」ぎゅっーって、ムラサキさん!?台本にない演技は刺激が強すぎますよ!でもまあ、恋ヶ崎には東京にいる間、用意したサプライズに感激してもらえて、想いも確かめ合えたし、天罰とか無いよね?

柏田と恋ヶ崎の関係を祝福するような雰囲気で友人たちがはやし立てる甘い雰囲気、遠距離恋愛なのに機会があるたびにふたりきりになって甘い雰囲気になるたびに胸焼けがするんだけど、そこに至るまでの高校時代の青春の全てを目に焼き付けた身としては、二人の関係性がこのまま円満に進んでいくことを願いたくもなってしまいますね。
今回、大学の漫画研究会でギャルゲーを題材にする実写映画の撮影となり、ギャルゲー主人公の主役を演じる柏田をはじめとして、ギャルゲーヒロインを知り合いの女性人で固めてくるあたりが既に「(あっ、恋ヶ崎がこの場にいたらキレそう……)」というイメージが浮かぶくらいの、撮影とは名ばかりのハーレム野郎。いや、柏田が何だかんだで誰からも好感をもたれる真のリア充に進化したのも事実だし、夏コミの一件でオタサーの姫にも好意を寄せられて、あわよくば恋ヶ崎から寝取るまで行くのも事実だけど、『ゲームの主人公』という姿を通して柏田がギャルゲー主人公を演じている光景がほぼノンフィクションで成立するんですよね。この実写版ギャルゲー撮影は、大学生編においての柏田の女性関係の縮図が詰まっていると言っても過言ではないかも。

ごくごく平凡な大学生生活をエンジョイしてかつ彼女との関係も着々と進展するなかで、もうこれ以上修羅場は起こらないだろうとたかをくくっていた矢先に、恋ヶ崎との関係にこれまでにない大きな亀裂が生じることになる。ファンを飽きさせない急展開と先が読めないふたりの恋模様はいつも続きが読みたいと思えてきて、最高のラブコメ作品です。