働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

なれる!SE15 疾風怒濤?社内競合

なれる!SE15 疾風怒濤?社内競合<なれる!SE> (電撃文庫)

《あらすじ》
目指せ!上場企業!? なんとスルガシステムが株式公開の準備に入るという。その体制づくりのため総務部への誘いを受けた工兵は、いずれは役員として経営陣に……という途方もない話を前に、自らのキャリアについて思い悩む。とはいえSEの仕事も待ったなし。アサインされたのは、総合商社二社のシステム統合という大きな案件。しかも提案作業のパートナーはかつてのライバル、アルマダ・イニシアティブの次郎丸で!? さらに、その案件は別ルートから立華&藤崎コンビも受注を狙う、社内競合案件だった! 果たして工兵は、最強の敵に勝てるのか!? 昨日の敵は今日の友、昨日の友は今日の敵!? 萌えるSE残酷物語、風雲急を告げる第15弾!

システムエンジニアの世界で日夜繰り広げられるデスワーク、過酷な業務に精根尽き果ててい社員の光景がデフォルトなのが末恐ろしい……
15巻という長期シリーズ作品をずっと追ってきた身ではあるけれど、いまだに作中で飛び交う専門用語のほとんどすべてが理解できない。基礎的(何が基礎にあたるかは定かではないけれど)な部分ですらちんぷんかんぷんで、会話のニュアンスと字面から意味をくみ取って読み進めているけれど、そんな読み方でも十二分に作品を楽しむことができる。
もっとも、今回の社内競合案件で室見&藤崎 VS 桜坂&次郎丸の対戦カードが水面下で行っている駆け引きの全容をくみ取ることができるとよりいっそう楽しめるとは思うけれど、競合案件を勝ち取るためにぶつかり合う両者の戦局の流れを掴むだけでも、どれだけ室見&藤崎コンビが技術者として優れているかをうかがうことができて鳥肌が立つ。

きっと本当のIT業界はこんな容姿端麗な(美少女は年齢的に語弊がありそう)人間なんていないはず……、大半が中年あたりのおじさんという偏見を抱きながら読んでいるけれど、個人的にルックスと性格は次郎丸が一番好きなキャラですね。一分一秒を効率的に生きるために女子力をかなぐり捨てて牛丼屋で飯をかきこむ姿には同類の臭いを感じて凄く共感できる。ヒロインの良し悪しに梢さんみたいな胸の大きさなんて関係ないんだ。