働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)15

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)15 (GA文庫)

《あらすじ》
「愛しているよ。ステラ」全てが失われる間際、少年は最愛の少女に笑顔で告げた―。寧音や多々良の奮戦もあり『代表戦』の趨勢はヴァーミリオン側に大きく傾いた。もはや首魁のオル=ゴールを残すのみの戦いは、しかしまさかの“黒騎士”アイリスの裏切りにより、再び混迷に陥ってしまう。逃走を図る“傀儡王”オル=ゴールと追撃する“紅蓮の皇女”ステラ。弟を助けんとする“黒騎士”アイリス、立ちはだかる“落第騎士”黒鉄一輝。その熾烈な戦いが最終局面を迎えるとき、赤髪の少女の咆哮が戦場に響き渡る!ヴァーミリオン戦役ついに決着!別れと絆の第15巻!!

超人たちの世の理を外れた戦いの激しさは控えめに言って過去最高に熱い!!
黒騎士“アイリス”が敵勢力に加担することになったり、“傀儡王”オル=ゴールの真の能力の解放により形勢が二転三転することになったり、戦局が流動的で決着が付くまで気を抜くことのできない緊迫した雰囲気が漂うバトルで素晴らしかったです。
お互いの能力の相性もさることながら、個人の能力に応用を効かせた柔軟な戦いとさらに能力を飛躍させたときの常識外れの絶大的な力がぶつかり合っていて、最後まで局面がどう転ぶか予想がつかないのが逆に面白い。ステラがカラーイラストの部分で完膚なきまでに叩きのめされていたシーンをくりぬいたときは激しくネタバレされたと憤りを覚えたけれど、これだけ素晴らしい物語を読ませられたらもう何も言うことはないです。
落第騎士の英雄譚は今まで読んできたライトノベル全作品中最高のバトルものです。

ヴァーミリオン皇国にステラとの交際報告で来訪した件につきましては、黒鉄一輝の数々の功績で文句のつけようもありませんしステラファミリーに一輝とステラの高ぶった衝動に駆られての情事シーンを目撃される珍事件もあって完璧でした。都合により夜の一刀修羅は保留になりましたが、またいつかヤってほしいです(願望)