働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ゴブリンスレイヤー8

ゴブリンスレイヤー8 (GA文庫)

《あらすじ》
辺境の街のギルドにやってきた至高神の大司教―剣の乙女は、ゴブリンスレイヤーたち一党に王都までの護衛を依頼する。街道には、狼に乗ったゴブリンが群れているという。一方、王都では霊峰に天より火石が落ちてきたことで、災厄の兆しが囁かれていた…。一党が訪れた時に起きる事件は、“宿命”か“偶然”か。その行方は、最も深き迷宮、最果ての深淵、死の迷宮へと連なってゆく―。「もし四階より下へ行くのなら…帰っては来れませんから」蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第8弾!

ちょうどゴブリンスレイヤーのアニメが放送されている時期ですが、初心者冒険者や非力な人々が無残にも嬲り殺されていく容赦のない演出はなかなかにグロテスクでしたね。巷で語り継がれる英雄たちの功績に憧れる冒険者が、ゴブリンに対する慢心から亡くなっていく姿は命の儚さや常に死と隣り合わせの稼業だという事実を改めて痛感させられます。
身体能力に劣る魔法使いや神官などの公営職は呪文が唱えられる余裕もなければゴブリンの多党の攻撃を阻むすべもなく、前衛職もまた然り。ゴブリンスレイヤーたちの戦いぶりは、相互に短所をカバーしあって長所を最大限に活かす万全を期した攻略方法で、『ただ、ゴブリンを討伐するだけ』で要約できる物語ではあるけれどとても多彩な展開に富んでいるので読んでいて全く中だるみしないです。さらには冒険者稼業のダンジョン攻略も未踏の地に踏み込むほど予想もつかないイレギュラーなケースに遭遇したりなど、一筋縄では終わらせない急展開がゴブリンスレイヤーたちを予期せぬ窮地に陥れたり、今回もかなりハラハラさせられました。

ゴブリンスレイヤーの中でも仲間たちとの冒険を続けるうちに徐々に冒険に関する心境の変化のようなものが芽生え始めてきていて、ささやかな成長を実感もでき大変すばらしい内容でした。
これからのアニメの放送も楽しみにしていきたいと思います。

アサシンズプライド8 暗殺教師と幻月革命

アサシンズプライド8 暗殺教師と幻月革命 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
「このまま世界が…先生とわたしのふたりきりになってしまえばいいのに…」その日、フランドールに激震が走った。王爵セルジュが、突如としてランカンスロープとの融和という革命を宣言。都市に公然と姿を現す夜界の住人・ワーウルフ族に、人々は恐れ戦く。しかし希望は残されていた。ひとの姿をした光―メリダ=アンジェルが革命を止めると記された予言書が見つかったのだ。それゆえワーウルフ族から狙われることになるメリダとクーファ。闇に沈みゆく街を密やかに逃避行する中で、過酷な運命に押しつぶされぬよう、暗殺教師は少女を抱きしめるが―。

教師と教え子の関係で始まった二人が徐々に男女の関係に……。
騒動の渦中に巻き込まれるメリダを献身的に保護するクーファに対して兼ねてからの好意とワーウルフ族から執拗に追い回され、命からがらの逃避行をするなかでのつり橋効果による相加効果で、より色気と情欲に乱れた感情の動きが読めて刺激的でした。ファンタジー世界で年の差と身分の違いを踏まえたうえで二人の感情の機微が時と共に育まれているのを感じると、また違った恋愛模様が味わえる。

フランドール全土を巻き込んだランカンスロープとの融和政策。ワーウルフ族が掲げる無血主義により各地で民衆が支配下におかれ、予言のこと称されたメリダが一連の騒動を終結させるカギを握ることに……。
王爵の勅命を盾にメリダとクーファを幾度となく窮地に陥れようとする緊迫した展開は、これまでのシリーズに類を見ない絶望的な局面の連続で手に汗握りました。王爵とワーウルフが事前に張り巡らせた策略も相まってよりどん底感が客観的事実でもって強調されていて絶望感が漂いました。

前後編にまたいでの構成になっており、セルジュの真意は明かされずに前編は幕を閉じたので後編でクーファたちがどのようにして逆転にまでもっていくのかが楽しみです。

始まりの魔法使い4 魔術の時代

始まりの魔法使い4 魔術の時代 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
竜歴900年。村では、精霊魔法の発展による弊害として精霊の暴走による事件―精霊災害が頻発していた。その対策として、“私”は、免許制度や対精霊魔法の研究を進めることに。ある日、ヒイロ村は死骸を操る黒い影―屍鬼の襲撃を受ける。その犠牲として残された赤子を拾った事で、“私”は―「クリュセがハイハイしたわよ!」「おつかれさま、おとうさん」ニーナと初めての子育てに挑戦することになり!?魔法の時代が終わる時、幸福な最果ての村に、災いを報せる鐘が鳴り響く。これは、すべての“始まり”を創った竜の魔法使いと、その家族の物語。

年月が経つにつれ定命の種族が追い朽ち果てていき、ニーナたちのような長命種は生き永らえ、ヒイロ村は時と共に繁栄していく。
生命の一生と歴史を堅実に描いている作品ですが、多種族が共存するヒイロ村ならではの弊害や遠方からの来訪者の目線から見たヒイロ村の特色などが浮き彫りになり、第三者の固定概念にはまらない言及に改めて気が付かされました。これまで、魔法に関連した多くのテクノロジーを生み出しヒイロ村の発展に貢献してきた竜の魔法使いですが、たしかに、たったひとつだけ作っていないものがありましたね。

シンプルに学校の生徒のあの男の子と女の子が仲睦まじくなってきてる! でも人間は短命だし相手は種族が違うしどんな恋愛観で関係が進展していくんだろう?
といった、その場その場でのキャラクターたちの感情の起伏と展開を味わうだけでなく、竜暦900年が積み重ねてきた歴史を通して眼前の展開を楽しめる深みがあって良いです。
自分の感覚が上手く表現できるか自信がないですけど要約すると、最近巷でよく耳にする『エモい』というやつです。たぶん……

ちなみに自分の一番好きなキャラクターはニーナさんです。可能ならツイッターアイコンにしたいので最近公式画像がないか探しましたが存在しなくて消沈しました。

始まりの魔法使い4 魔術の時代 (ファンタジア文庫)

始まりの魔法使い4 魔術の時代 (ファンタジア文庫)

JK案件推進中!! ~取引先の要求でお嬢様女子校の寮に住み込むことになった~

JK案件推進中!! ~取引先の要求でお嬢様女子校の寮に住み込むことになった~ (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
職場でエースとされている、27歳社畜(隠れオタク)の風戸肇に取引先から突然振られた案件―それは「お嬢様女子校の寮に住み、問題児であるJK2人を更生させる」というもので!?更生対象は、清楚で極度の口下手な小百合と、見た目はギャルでも実は初心でオタクな詩緒の2人。問題児どころか良い子な2人との同居生活は楽しく、肇は2人とどんどん親密になる。『私、風戸さんなら…』『アンタは他の大人とは違うね…』そして、信頼と好意を寄せてくれる2人が理不尽な理由で問題児にされたと知った肇は―2人を陥れた腐った奴らを容赦なく叩きのめす!!社畜が仕事も困難もさばき切るラブコメ!!

コンサルタント会社で売り上げトップを誇る主人公が突如任されたJK案件。その先にある腐った大人たちの欲望を暴き叩きのめす勧善懲悪。
27歳と二人のJKが送る年の差ラブコメに加え、職場の後輩が向ける純粋な好意にさらされる板挟み感。主人公が社会人だとラブコメにおけるヒロインの年齢の幅もグッと拡大して、これまでの学園ラブコメのような『同級生』『後輩』『先輩』『幼馴染み』といった属性とは違った境地が見えてきてフレッシュな感覚で楽しめました。特に、主人公の職場の同僚たちと問題児寮のJKたちが物理的に邂逅するする機会がないなか、「JKとどんな風に関わっているんだろう……」みたいな不安に苦悩する光景がヤバいですね。なんか健気すぎて癒されます。

今回の騒動のきっかけとなったJK案件については真相に気が付くまでのプロセスがしっかりと描写されており、最後には悪事を働く奴らを完膚なきまでに叩きのめした時の爽快感もあってとてもスッキリとした読後感でした。それでいて、大人たちの悪意に巻き込まれた問題児たちへのアフターケアーまでも行き届いていて、そりゃこれだけ思いやりのある主人公なら惚れますよ。

前作とは毛色の違った作品でしたけれどとても面白かったです。今後の活躍も楽しみにしてます。

僕と君だけに聖夜は来ない (角川スニーカー文庫)

僕と君だけに聖夜は来ない (角川スニーカー文庫)

R-18な彼女はどうやら経験値が足りないようだ

R-18な彼女はどうやら経験値が足りないようだ (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
俺、逢坂輝夜はエロゲをこよなく愛している。今夜も二次元美少女たちといちゃいちゃする為、意気揚々とHシーンに突入したのだが―なんだ、これは!?声は可愛いのに、性的に全く興奮しないエロ(?)ボイスヒロインと出会ってしまった!げんなりしながら登校した新学期初日、学園一の美少女と名高い七家茉莉の自己紹介が始まり―ってこの声どこかで聞いたような…?「そっか、逢坂君はあのゲームをプレイしたんだね…お願いがあるの。私の…えっちな声の練習を手伝ってください!」エロボイス未装備の現役JKエロゲ声優と送る、ちょっとえっちに成長させる系ラブコメ、開幕!

エロゲオタクな主人公と現役JKエロゲ声優の学園ラブコメ。JKが成人向けゲームの声を当てている現実は軽くスルーして。
オタクにとってリアルと現実の狭間に位置する2.5次元の存在、それが声優。そんな人の成長の役に立てるならといろんなシチュエーションで訓練という名のデートに励み、時にはラッキースケベなお約束も交えつつJKエロゲ声優の苦悩に切り込む学園ラブコメ作品でした。
根本的に「性的に全く興奮しないエロボイスを放つエロゲ声優」がいたなら、自慰を録音するなりその時の感覚を経験するなりでスムーズに解決するのでは?
件のエロゲ声優ヒロインさんもその方法は思い付きはしたそうですが、それが不可能な重大な理由もあるそうで……。
主人公(男)と一緒にエロゲをプレイしたりなど少々エロ展開のスパイスが効きすぎて刺激が強めなだけに、他の学園ラブコメよりもエロ展開のレベルが高かったです。ちなみに美少女が喘ぎます。

他にも、ちょっと毒舌でツンデレな妹とその後輩の美少女も非常に良いキャラをしてました。お約束ではあるけれど、突然現れた女性に昔から交友のある主人公を掻っ攫われるシチュエーションに感情が揺さぶられている姿って萌えますよね。個人的には超アリです。
後輩、妹、同級生のそれぞれが違った持ち味の魅力がありエロゲに絡めたコミカルな掛け合いがとても面白かったです。自分の部屋にやってきた後輩美少女に後輩物のエロゲーを露骨にアピールしてこられたらたまらないですね。


R-18な彼女はどうやら経験値が足りないようだ (角川スニーカー文庫)

R-18な彼女はどうやら経験値が足りないようだ (角川スニーカー文庫)

ロクでなし魔術講師と追想日誌3

ロクでなし魔術講師と追想日誌3 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
グレンが学生時代の後輩と、フェジテの事件を万事解決!?―『魔導探偵ロザリーの事件簿』。学院の体験学習会に、魔術学院の誇る変態講師陣が登壇!―『魔術学院わくわく体験学習会』。学院のストライキに生徒会長・リゼが暴動鎮圧へ動く!―『生徒会長と混沌議事録』。グレンが想い人(!?)へのプレゼントのためブラックマーケットへ参加!?―『誰がために金貨はなる』。そんなロクでなしな日々が綴られる!そして―「私は…好きだよ。グレン君の夢」正義の魔法使いになろうと足掻くグレンと、それを支えるセラ。二人の足跡を辿る軍属時代のエピソードがついに解禁!

短編が連載された頃の時系列によってキャラクターの人物相関図も大きく異なってくるんですよね。
システィーナとルミアが恋のライバル的なポジションに付き始めてから、ルミアの思い切りのある行動力に勢いがついてきて積極的にグレンに仕掛けてきてるし、システィーナはツンデレヒロインの血統書付きの白猫になっていて愛らしいです。あくまでもグレンとシスティーナたちは講師×生徒の距離感でしかないけれど、学院を離れて平穏な日常を過ごしている風景と楽し気な掛け合いがこの作品のファンには何より楽しい。ファンタジー世界ならではの幻想的な世界をコメディタッチな短編に落としこまれていて、短いながらにグレンがいつもより破天荒かつ大胆な行動を起こしてカオスな展開にまで発展するまでは王道ですね。
そして改めて、軍属時代のセラのエピソードが感動的過ぎて他のヒロインを寄せ付けない圧倒的な故人ヒロインで泣きそうです。短編集の最後で書下ろしでもあるので必見です。

15歳でも俺の嫁! 2 即日同棲から始まる電子書籍革命

15歳でも俺の嫁! 2 即日同棲から始まる電子書籍革命 (MF文庫J)

《あらすじ》
カリスマJCモデル(15歳)との同棲宣言をした火野坂賢一の下に新たな少女・武美涼(15歳)が現れる。彼女はアリサと同じ学校に通う女子中学生で、賢一にいきなり同棲を求めてきたのだが…「あたしは今、狼と二人きりってこと…!?いえ、相手は妻帯者…でも15歳がストライクゾーンのロリコン…!?や…やさしく…してください」「待て待て制服のボタンに手をかけんな!?」しかも涼は歌って踊って“書ける”知性派アイドル&電子書籍作家としても活躍しており、MARIAと涼で紙の本と電子書籍との売り上げ勝負をすることになってしまう。本を愛する全ての人に捧げる恋と革命の出版業界黙示録、待望の第二弾!

15歳の女子中学生と同棲&婚約宣言の波紋はネットを通じて全国に轟いている地獄絵図。さらにとどめと言わんばかり、アリサの同級生でありアイドルの武見涼が同棲を求めに……。建前的に『同級生の自宅にお泊り』の免罪符があるけど、一躍時の人と化したロリコン火野坂賢一の火種にガソリンをぶちまけてさらに大炎上。書籍をテーマにした作品が女子中学生との同棲をスクープされるとかクッソ笑えるんですけどww
客観的に100%事件の匂いしかしない地雷をセッティングして地雷原を爆走する主人公の強心臓も凄いけど、ネットの炎上と世間の風聞に対してや街中で後ろ指を指される生活を送っていても平然としているメンタルの強さには驚愕しかない。

紙書籍 VS 電子書籍に関する一連の戦い。両者の売上対決に関しても、ひとりのラノベ読者としてまた紙媒体オンリーの自分にとっては非常に興味深いものがありました。
紙書籍が商品となるまでに要する時間に対して、電子書籍のフットワークの軽さと読みたい人にのみ商品を届けるまでに洗練されたプラットホームの優秀さ。インターネットによる通販が書籍の販売形態として台頭するなか、書店業界も旧態依然としたままでは時代の潮流に取り残されることも危惧され新たな販売戦略を模索する必要性を示唆されたり、会話に込められた情報量がとても濃かったです。それを取次会社に勤務する火野坂賢一を始め、書店業界最大手のご令嬢、電子書籍作家、編集者、書店員、小説家、様々な職種に属するキャラクターを通じて作品が出来上がるまでを物語として成立させており、本好きの読者の知識欲と同時に臨場感のあるラブコメが楽しめて大変面白かったです。

ちなみに自分は今年のこのライトノベルがすごいで投票させていただきました。是非皆さん買ってください。お願いします。