働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

できそこないの魔獣錬磨師

できそこないの魔獣錬磨師 (富士見ファンタジア文庫)
授かったモンスターの紋章によって優劣が決まる世界。モンスターを従え闘わせる『魔獣錬磨師』の育成学園『ベギオム』に通うレインは学園唯一のスライムトレーナー。周囲の嘲笑も気にせず、相棒のペムペムを信じ、誰よりも努力を重ねていた。そんなレインに固執する学年3位の美少女ドラゴントレーナーのエルニア。紋章と美貌を兼ね備えた完璧な彼女が底辺のレインにこだわるのは、過去の因縁が原因らしいが…!?最弱も最強も関係ない!勝利への執念が定められた運命に逆転劇をもたらす!!






パートナーのスライムがマスコット的可愛さで、一連のやりとりからレインとの信頼関係の深さを感じられる。紋章を通して伝わる二人の絆をもってして、最弱モンスターのスライム&レインが強さの象徴とも言えるドラゴンのキールとトレーナーのエルニアから勝利を勝ち取るところが熱い。
弱いモンスターであっても努力次第では格上の相手にも勝てるんだよ。弱いモンスターを授かったからと言って卑屈にならずにひたむきに特訓に励む主人公もかっこよかった。それを強調するように、最弱のスライムを授かった主人公を侮蔑する悪役キャラたちの存在も、いい噛ませ犬ポジションを買って出てくれていた。
ブコメ方面では、ドラゴンをパートナーにする美少女トレーナーのエルニアによる周囲の誤解を招く天然な発言やレインに好意を寄せるアリカの絡みもラノベらしいシーンが楽しめてよかった。凛とした表情をしているエルニアが一変して、自分の発言でもたらした誤解を認識した瞬間にあたふたするイラストのギャップに萌えた。
『スライムのペムペムが如何にしてドラゴンを倒すにいたったか』この真相を聞かされたときに若干腑に落ちなかったけど十分に楽しめた。あとエルニア可愛い。