働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

路地裏バトルプリンセス 2

路地裏バトルプリンセス 2 (GA文庫)
「でも、お前が心配なんだよ」「ええー!!…って、ちょっと日月。きみあれでしょ。私の心配じつは二の次でしょ」不審者出没に悩む小町の護衛を建前に、アニメの聖地と化した佐倉女学院へ女装で潜入する日月。ところが―「惰弱脆弱。いけませんね弱い男は」現れた不審者を制したのは、日月たちと同じくコスプレで学校に潜入していた三つ編みの少女だった。しかも彼女は、引退した元6位の血闘者“跳拳妖精”だと名乗り―!?一方、“血闘”自粛中の路地裏では、血闘者だけを狙う襲撃事件が横行。果たしてその目的は…。白熱の路上バトルアクション第2弾!






1巻で圧倒された戦闘描写、とくに体の繊細な動作と体重移動・重心の置き方などが細かく丁寧に書いてあり、文字を追って戦況を把握しながら読んでいくと結構時間がかかりました(自分がそうでした)。それでも2巻を待ち望んでいた新人賞作品だったので、「GA文庫作品で真っ先に読むならこれ!」といった感じでしたのでつい読み始めてしまいましたね。

路地裏街で熱いバトルに明け暮れている血闘者《ストラグル》たちの血闘に掛ける想い。初代魔王少女のもとで二代目魔王少女(本人は師匠が魔王少女と知らずに)が日々強さに磨きをかけるために訓練に勤しむ姿。著しい成長と潜在能力を秘めている部分が垣間見える來未がトップランカーとして君臨する日(このシリーズの継続)が楽しみでしかたがないです。
もうここ最近読んだ新人作家の中でイチオシです、ハイ。