読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ジンクスゲーム 3

GA文庫 ラノベ

ジンクスゲーム 3 (GA文庫)
「あの子に会って、お兄ちゃん!じゃないと今年のクリスマスは…」マジカルランドで致命傷を負うも、大量のライフと引き換えに一命をとりとめた魔女・かなめ。彼女はその力でクリスマスにさらなる惨劇を起こすことを仄めかし、蒼馬に驚くべきことを要求する。「私のカードを破ってほしいの…。私がロストマンになるために」繰り返される死=ライフの昇華を経て遂に次のロストマンの器へと“成ってしまった”彼女。その殺せない、止められない凶行を前に蒼馬はひとつの決断をする!「さて、お兄さん。はじめましょう―最後のジンクスゲームを」青春サイコスリラーGA文庫大賞《優秀賞》受賞 第3弾!!





人を死に至らしめる『ジンクス』とその能力を持ったジンクス使いたちがどんな結末を迎えることになるのか。3巻に関しては、ジンクス使い同士によるバトルという側面よりも、ジンクスという力の身の振り方』について考える場面が多かったですね
主人公の藤枝蒼馬のジンクスは相手の目を見続ける(うろ覚え)で相手の命を奪う能力であり、藤枝・妹の能力が相手の肌に触れること(これもうろ覚え)で命を奪う能力。こんな本人の意思に関係なく発動しかねない能力には、「普通の生活を送るだけでもストレスになりそう」と思えてきてしまう。
それでいてジンクス使いをやめるためには相手のもつカードを他のジンクス使いが破り捨てることでしかジンクスを破棄することができない。
この事態に直面したジンクス使いである藤枝蒼馬と美少女名探偵・鈴蘭がどのように収拾をつけていくのか。最後の最後までこのジンクスゲームに巻き込まれた人間たちがどんな結末を迎えることになるのか目を離せませんでした。
口絵のカラーイラストのワンカットにて「イラストであれだけクリスマスを満喫している蒼馬と鈴蘭を見せられたら絶対に幸せになってほしいだろ!」と思わざるをえないですね。