働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

放浪勇者は金貨と踊る (2)

放浪勇者は金貨と踊る (2) (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
勇者が魔王を倒したことで世界は平和になった。モンスターは消えて『金』の時代が訪れる。しかし、その結果、人々を苦しめる新たな敵『詐欺師』がはびこってしまう。素性を隠して放浪していた勇者は、女騎士レイチェルらと協力して、詐欺師を騙し返し、被害者の金を取り戻してやるのだった。ところが、詐欺師を手伝っていた魔術師は、なんと勇者の元仲間シャノワールだった!心を閉ざしてしまった彼女との信頼関係を取り戻したいと願う勇者だったが、シャノワールは次なる罠を仕掛けてくる。二人は再び対峙することに…!?『金が全て』となった異世界の、金貨を巡る英雄譚!


金の時代が訪れたファンタジー世界で詐欺師たちの策略を看破して騙し返す。ファンタジーならではの魔術契約を用いた絶対的契約書が存在する商人たちの世界で、一見すると何の落ち度もない契約書の文面であっても拡大解釈をすれば思わぬ盲点が存在する。お互いの信頼がものをいう商人の世界で、取引の度にこのような契約を交わしていては商売が滞るとあり、魔術契約を用いた契約書が活用されるのは大金が動くときの取引ぐらい。馬鹿な商人を騙して大金をせしめようとする悪徳商人を、勇者ヨル・ブラッククロスが騙し返す過程がとにかく読んでいてスッキリするし、騙す手口に関しても地に足がついたヨルによる解説があって筋が詐欺の手口に筋が通っています。読者視点でも、実際に交わされた魔術契約書を読むと具体的にどこで騙されることになったのか推理することができる点も、このラノベの楽しみ方のひとつかと思いますね。

個人的にも好みの作品であり、この作者さんの作品が好きで買い集めていただけに、2巻で完結というのはとにかく惜しいです。できることなら続いていってほしいシリーズではあったけれども、次回作に期待したいと思います。