読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

イレギュラーズ・リベリオン 2. 氷炎共鳴

イレギュラーズ・リベリオン 2. 氷炎共鳴 (GA文庫)

《あらすじ》
「マロン、裸エプロンで誘惑を! 」「今日の朝ご飯は、あ、た、し(ハート)」「何やってるのよ、あんたたち!?」
シスリーネに唆されて過激なアプローチを繰り返すマロンに、それを阻止しようするサヤ。魔人討伐後、ハンティスたち第29部隊は騒がしくも順調(?)な日々を送っていたが――
「貴様ら第29部隊は解散だ」
今までの成績が原因で解散の危機に!? 存続のためには、一定の条件をクリアしなければならないという。しかし、部隊存続をかけて、任務で訪れた廃坑道には、堕章霊を引き連れた妖艶な美女がいて……。部隊最大の試練を前に、落ちこぼれ部隊は新たなステージに到達する! 王道バトルファンタジー第二弾!

1巻の告白合戦から一夜あけて、ハンティスをめぐるヒロインどうしの修羅場が勃発するなかでの王道バトルファンタジーといった感じでかなり面白かったです。ハンティスが隊長を務める第29部隊の個性が強すぎてまとまりのないメンバーも、前回の戦いを経て少しだけ連携がとれてきている部分もあって、これでまだ成長のポテンシャルを秘めているのだからこの先さらに連携がとれるようになったときにどんなバトルを見ることができるのか楽しみです。バトルファンタジーの華ともいえる『魔法』の部分に関してはシンプルにまとめられていて読みやすいのもありますし、何より1巻の時点でふたつの部隊総勢10人近くのキャラクターが登場しているのに、キャラクターの個性が強いのもあってかなり区別がつきやすいところが好きですね。それだけにこれまで築き上げられたキャラクターのイメージ像が明確になってて、部隊内での日常シーンでの絡みもスムーズに楽しむことができてかなり面白かったです。

それとこのラノベのなかで主人公ハンティスとヒロインの間で『告白』するまで気持ちを打ち明けているところが少し珍しいと思いました。ツンデレのまま修羅場を迎えるのももちろんありだけれど、ハンティスの周囲で本人の気づかないままにハーレム化が進行していて、告白という形で爆弾が投下される光景がまた滑稽というか。「いいぞ! もっと修羅場になっちゃえ!!」くらいのドタバタ感が新鮮で面白かったです。