働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ストライク・ザ・ブラッド16 陽炎の聖騎士

ストライク・ザ・ブラッド16 陽炎の聖騎士<ストライク・ザ・ブラッド> (電撃文庫)

《あらすじ》
瀕死の姿で、極東の“魔族特区”恩莱島の浜辺に流れ着いた少年、暁古城。記憶をなくした彼を迎えに来た修女騎士の少女、香菅谷雫梨は、古城の正体が世界最強の吸血鬼“第四真祖”であり、自分はその監視者だと告げる。吸血鬼としての能力をほとんど失ったまま、雫梨たちと共に、攻魔師の修行を開始する古城。訓練のため恩莱島の地下迷宮に向かった彼らは、そこで奇妙な幽霊と遭遇する。その美しい少女の幽霊は、銀色の槍を持ち、古城を先輩と呼ぶのだが―!?世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、新展開の第十六弾!

シリーズが積み重なっていくごとに姫柊雪菜の正妻ポジションに拍車がかかって古城の浮気絶対許さないウーマンになってる。古城が現地妻との間で交わると必ず最後に正妻にバレて姫柊がキレるのがお決まりになってるのに、何回見ても飽きない。
もうストライクザブラッドは読んでから時間がたつと『古城くんがすごくエッチだった』『姫柊が可愛かった』しか記憶に残らないです。それと僕も雪霞狼にぶっ刺されたいです。