働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

盟約のリヴァイアサン VIII

盟約のリヴァイアサン VIII<盟約のリヴァイアサン> (MF文庫J)

《あらすじ》
「ふふふふ。どうにか我―雪風の前に立つ資格を得たようだな、春臣よ」辛くもパヴェル・ガラドを討ったハルたちの前に宿敵、雪風の姫が再び立ちはだかる。どうにか勝機を見出すための時間稼ぎに休む時間がほしいと嘯いたハルは、雪風から三日間の猶予を得る。願いを聞き入れた雪風に、アーシャ、織姫の二人と共に連れてこられたのは彼女の領土、なんと月面上だった。刻一刻とタイムリミットが迫るなか、最終決戦への切り札を模索するハルたちだったが―。シリーズ最大級のスケールにしてクライマックス!至高のドラゴン・エンタテイメント、堂々完結の第8弾!!

竜殺しの力を身に秘めた若い世代が史上最大の宿敵を目の前にして最終決戦に挑む。人類の命運を握る晴臣たちの最大級の策略と総力を尽くした敵との戦いの模様も、最後の最後まで戦いの結末が読めないハイスケールな戦いを繰り広げていて、シリーズ最大級に熱かった。

晴臣たちの戦局が二転三転して流動的に優劣が移り変わる局面が戦闘中の起伏の激しい展開の連続を演出していて、戦闘シーンの読後感と読みごたえは文句のつけようがない。そして、これまで数多くの激戦をともに潜り抜けてきたヒロインたちとの間で育んできた関係性がシリーズ最終巻にして一気に爆発して、肉感的で情熱的かつラブラブな光景が惜しみなくストーリーに組み込まれていました。イラストを担当されている仁村有志の作り上げた美少女キャラたちが、純愛路線で好意に及んでいる姿がとてつもなくエロくてたまらない。美少女キャラクターたちの晴臣に向けるアプローチやその内容も個性に富んでいて、ルナの隙あらば略奪愛を企てるスタンスも織姫や羽純の正統派清楚ヒロイン路線も、エロ方面に色濃く反映されていて素晴らしくエロかったです。