働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ゲーム・プレイング・ロールver.1 村娘。をヒロインにプロデュース

ゲーム・プレイング・ロールver.1 村娘。をヒロインにプロデュース (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
ここはゲームの中の世界。『イベントプランナー』のマナトは、セクハラ体質がたたって“村”を転々とする生活を送っていた。決意新たに辿り着いた「エンドール村」には、個性豊かな村人が―たったの3人。その場で村長に任命されてしまったマナトは、プレイヤーをもてなすため、ギャルゲーにRPGにとイベントを仕掛けるが…?村娘をヒロインへと導き、破綻寸前の村をバズらせろ!!

ゲームの中の世界を成り立たせているのはゲームの世界の住人である。ギャルゲーの世界はヒロインを演じるキャラクターが事前にオーディション形式で審査が行われ、メイン・サブヒロインの役職が与えられ主人公の行動に応じた演技をすることで、ギャルゲーの世界が成り立っている。
『ツボを割るとお金が出てくる』『人の家のタンスをあさってアイテムをゲット』そんなゲームの世界だからこそ成立する鉄板ネタも、実は裏でゲームの世界の住人が仕込んでいたから可能……、ゲームの世界をメタると何もかもがバカバカしく見えてきて酷く笑えてきてしょうがない。『作者である木村心一が書くライトノベルは笑える!』と言っても過言ではないくらい、キャラクターたちがイキイキしていて楽しい作品で、安心して作者買いができる。

キャラクター同士のやりとりが笑いを取りに行かせるために動かしているというよりも、ごく自然な流れで会話が進んでいるはずなのに、なぜかバカな方向に話が進んでいるから、自然と笑いがこみあげてくる感じです。

角川スニーカー文庫の作品のなかでも個人的にイチ押しなので、是非とも読んでもらいたい作品です。