働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

デーモンロード・ニュービー ~VRMMO世界の生産職魔王~

デーモンロード・ニュービー ~VRMMO世界の生産職魔王~ (GA文庫)

《あらすじ》
「『アキカ』様は十魔王の一人に選ばれました」
ゲーマーの妹リオに勧められ、次世代VRMMO『ダブルワールド・オーバークロス』をプレイし始めたアキカを待っていたのは、ゲーム内で10人しか選ばれない『魔王』になったというアナウンスだった。
趣味の園芸をゲーム内でも満喫するはずのアキカだったが、一般プレイヤーに狙われる立場となり、慣れないながらも鍛冶や建築などの生産職メインの魔王たちと共にゲームを進めていく。一方、妹のリオはトッププレイヤーとして打倒魔王の目標に燃えていて――! ?
GA文庫大賞《優秀賞》受賞作。仲間と共に、ゲームスタート!

魔王陣営に与えられた公式チートの特権を活用した、ゲーム開始初期からの高スペックキャラクターと急成長するスキルの数々。多対一の戦闘を想定した魔王たちに対するバランス調整と10人しかいないことを込みした強キャラ補正なおかげで、生産職をエンジョイプレイしている主人公でも手練れのプレイヤーを相手に善戦をしていて、『生産職におけるアイテム作りの楽しさとVRMMOにおける戦闘の楽しさ』の両面の醍醐味が存分に味わえる作品でした。
イラストにおいても、『魔王=人外の存在』を確固とする外見をした美麗なカラーイラストで、抜群のインパクトでもって読む前の期待感を煽ってくるクオリティでした。

唯一、個人的に気になっていたのが、生産職をメインにする主人公のプレイスタイルを強調するイベントが弱くて、プレイヤーVS魔王の構図に収束することが『ダブルワールド・オーバークロス』の世界での生産職の醍醐味を捻じ曲げている気がする。
もちろん生産職としての活動も軌道に乗れば、畑による栽培系の作業もAIで効率化をすれば円滑なアイテムの収集サイクルも出来上がって活動の幅も広がるけれど、ゲーム開始初期で金銭面や環境面でのリソースが限られている中だと、どうしても行動の幅が狭くて、『生産職をやっている!』という印象が弱い。

総合的にはそこそこ面白かったけれど、見開きのカラーイラストのインパクトで期待を持たせられただけに、ガッカリしたと言わざるを得ないです。