働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

誰でもなれる!ラノベ主人公 ~オマエそれ大阪でも同じこと言えんの?~

誰でもなれる!ラノベ主人公 ~オマエそれ大阪でも同じこと言えんの?~ (電撃文庫)

《あらすじ》
やれやれ系ラノベ主人公に憧れ、「異能バトルが起きたらなあ」と夢想する平凡な高校生・恭介。大阪の高校に転校してきた彼がオタ街・日本橋で出会ったのは、ダメ親の借金を返済して魔術結社からの足抜けを願う魔術師の少女、“ポンバシワルキューレ”の異名を持つデスコア系地下アイドル、異世界転生者を自称するポンコツ美女、家出中の病弱薄幸な幼女、そしてヤクザと本物の悪魔で!?騒動の始まりは恭介が日本橋でゲットした一冊のレア同人誌。思わぬ幸運にはしゃぐ恭介だったが、それをきっかけに身の回りでリアル異能バトルが勃発したことには全く彼は気づかなかった…。オタクでオカルトな大阪日本橋の日常系魔術群像ストーリー、ゆるっと開幕!

大阪を舞台に魔術師たちが奔走して1冊の激レアエロ同人誌を争って魔術バトルを繰り広げる。あえて大阪をチョイスしたメリットを探すとなると、『お笑い芸人とヤクザに繋がりがあるところが島〇紳助』『主人公のアルバイト先が大阪らしい飲食店』くらい。ほとんどのキャラクターが標準語だったけれど、今回の物語のメインが主人公の周囲で巻き起こる同人誌騒動だったのだからそれもしょうがないか。不幸にも、大阪の高校に転校してきた割に交流があるのが、隣の席の根暗で言葉少ない腐女子だけだから、大阪感を感じる要素が少なかったのかも。まあそれほど大事なことでもないから大して気にはならないのだけど。

あらすじでも銘打つように“日常系魔術ストーリー”なだけに、その筋では名の通った魔術師たちが本気で魔術をぶっ放して激しく争う割には、締まりのないゆるい感じで騒動が収束していきます。多人数の視点から物語の経過をたどっていくなかで、サザエさん並の世間の狭さで主人公が各キャラクターとコンタクトをとっていることにも驚きだけれど、これだけの数のキャラクターを配置していながらもテンポよく物語が動いていくので、常に変化をかみしめることのできる作品でした。
キャラクターの数の割にはそれぞれがしっかりとポジションがとれていて整理がしやすいので、スムーズに読み進めることができたのも大きかった。
イラストレーターに有名なkarory氏をあてたことを加えても、十分に面白い作品だったと思いました。