働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

幻想戦線

幻想戦線 (ダッシュエックス文庫)

《あらすじ》
武力闘争が続発し、各国が軍隊強化に奔走する世界で、人類は進化を遂げる。“命の固形化”。他者から命を奪い取り、時には己の命を兵器に変える能力を持つ者が現れた。その一人であるハイトは兵士養成機関で歴代最高成績を修めた「首席兵」。彼は戦争ですべてを奪われ、その復讐のため戦争国家への雇用を望んでいた。だが、兵士競売で世界最強軍事国家・マグナキアのツミビに競り勝ち、ハイトを落札したのは、非戦争国家・トラキアの女性国王・シンク。彼女はハイトを軍隊ではなく自衛力として迎えたいと告げる。戦わず、護る。二人の決意が新たな兵器を生み出し、戦争を、世界を変える!傑作王道ファンタジー開幕!!集英社ライトノベル新人賞特別賞受賞作

各国が武力闘争に備えて軍隊の強化に奔走せざるをえない世界の情勢が丁寧に練られていて、導入の部分から独自の世界観を作りこんできて目を引くファンタジー作品。“命の固形化”により自らの命を素材に兵器に作り替える能力を駆使して死闘を繰り広げることが、兵士の戦いにおいて『命を固形化しているのだから“盾”の形状をした兵器は無意味』という価値観が生まれるまで、“命の固形化”という設定の視野をより広げていて、素直に面白いと思いました。

バトル要素を突き詰めていく上では様式美で使われる呪文詠唱よりも、こういった実践的な要素をシンプルに煮詰めていった内容はとても好みなので、もしも激しいファンタジーバトルを繰り広げるシーンを書くことがあるならばそのときが訪れることを期待したいです。

あえて無粋なツッコミを入れるならば、お約束と言わんばかりにヒロインであるシンクと大浴場でばったり遭遇するシーンをねじ込んできたところ。それまでの流れからも、イラストレーターであるニリツさんの描く挿絵の雰囲気からも十分に『武力闘争が勃発する世界』の殺伐とした雰囲気も和らいでいたと思うので、個人的にあの展開はいらなかったかな。
それならば、主人公のハイトの過去を深く掘り下げて回想シーンにリソースを割くなり、他にも用途はあったのではないかと思いたくもなるけれど、新人賞デビュー作としては申し分なく楽しめる作品でした。作者の今後の活躍にも期待です。