働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ありふれた職業で世界最強 8

ありふれた職業で世界最強 8 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
“ハウリアの乱”を終え、フェアベルゲンに降り立ったハジメ一行。亜人たちが帰郷の歓喜に沸き立つなか、改めてシアとの関係に思いを馳せるハジメ。―そして、ついに七大迷宮のひとつ“ハルツィナ樹海”の試練に挑む。しかし出発後、大迷宮の仕掛けでメンバーが偽物と入れ替わってしまい…!?つぎつぎに襲いかかる凶悪な試練の道中に現れた、無防備な一体のゴブリン。複数の大迷宮攻略を前提とする高難度の試練に、ハジメが打つ手は果たして―。「お前の言う通りだった。―“未来は絶対じゃない”」いま、彼らの紡いだ“絆”が試される。“最強”異世界ファンタジー、第8巻!

南雲ハジメ異世界の旅で獲得してきた神代魔法の数々により、日本への帰還方法にも目途がついてきていよいよ物語の終着点も視野に入ってきた。毎度毎度、神代魔法が眠る大迷宮の攻略には膨大なページ数を割いてきたけれど、今回においては光輝たちを連れ添っての行程となりなかなかの大苦戦。道中にしかけられたギミックの内容もメンタル面に働きかける仕掛けで、パーティーの人間関係を崩壊させかねないものもあってなかなかにえぐかった。もっとも、メンタルをためる試練なだけに、ハジメの見た『シアやユエが日本で学生をしている仮想世界』を日本に帰還した後の未来を綴ったIfストーリーとして満喫できたり、八重樫雫の見た詳細不明な夢の世界がハジメに抱く感情を大きく変えるトリガーになったり……。ハジメ&ユエの揺るぎないイチャラブ関係を突き崩すことは誰の目から見ても不可能なのに、いらないところで天然ジゴロを発揮してフラグを乱立するおかげで修羅場が絶えない。
もちろん修羅場は大歓迎だし、畑山愛子先生もハジメのいないところでは感情をセーブできずに嫉妬心をむき出しにしてるし。いやー修羅場って大変ですねー(棒読み)
見ている分にはとっても愉快で楽しいので、これから先もガンガンやってほしいです。
個人的には、白崎香織の好意だけは報われて欲しいと思ってます。

ありふれた職業で世界最強 8 (オーバーラップ文庫)

ありふれた職業で世界最強 8 (オーバーラップ文庫)