働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD-

地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD- (電撃文庫)

《あらすじ》
全世界を襲ったゾンビパンデミックから5年後―、人類はほぼ全滅していた。荒廃した東京をひとりさすらう少年ユキトはある日、「死ぬまでにやりたい10のこと」のため北海道を目指し旅をしている少女エコと出会う。いつも笑顔で明るい彼女だが、その正体は他に例のない“ゾンビ化していないゾンビ”だった。彼女の死を見届けるため、人類の敵とふたり旅に出ることにしたユキト。決意を胸に、朝日とともにいざ出発しようとするとエコがかわいく抗議の声を上げた。「ゆっくんは、デリカシーがないなあ。支度はすぐだけど、昼間は出たくないの」尖った口先が、つまらなそうに続ける。「腐っちゃうから」

電撃文庫著作の「ひとつ海のパラスアテナ」と「この大陸で、フィジカは悪い薬師だった」をネタにした会話劇が行われていたことにお気づきでしょうか。
どちらも名作だっただけに、エコの口から出た「スケベニンゲン!!」というセリフが響いたファンは少なからずいると思います。自分がその数少ない一人です。終盤に近いシーンで登場するので、既読のかたはアンテナを張って読んでみるのもありだと思います。

さてさて、ゾンビ化していないゾンビになった少女“エコ”と偶然知り合った少年“ユキト”による旅路は、『人類がほぼ全滅した』事実を客観的に印象付ける描写として道中で立ち寄る都市部の惨状や生活インフラが崩壊しているなかでの質素な生活模様が詳細に描かれています。物語の中の世界に生きる人々の生活様式や歴史などの下地をガッチリと固めていき、冒頭の展開からイメージ増を明確に印象付けてくるので、『ゾンビパンデミックが起き、人類がほぼ全滅した』という独創的な世界をじっくりと味わうことができて、大変に面白かったです。
エコによると、ゾンビの長生きの秘訣は『昼間は外に出ないことで体を腐らせない』こと。美容液はホルマリン。お風呂も厳禁だそうです。こういった細かな脚色が、独創的なゾンビワールドをコミカルに楽しめる一因を担っていて良かったです。

地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD- (電撃文庫)

地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD- (電撃文庫)

ひとつ海のパラスアテナ (電撃文庫)

ひとつ海のパラスアテナ (電撃文庫)