働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

公女殿下の家庭教師3 魔法革命で迷える聖女を導きます

公女殿下の家庭教師3 魔法革命で迷える聖女を導きます (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
王立学校に入学して3ヶ月。アレンは、家庭教師業の傍ら、ハワード・リンスター両公爵家による合同商社立ち上げの責任者という大役を任されることに。公女殿下ティナたちもまた前期試験を控え、慌ただしい日々を過ごしていた。そんな中、ハワード家の次期公爵であり、王立学校の生徒会長でもあるステラは、妹であるティナたちの急成長を目の当たりにしたことで、すっかり自信を失ってしまい―!?「…兄さん!ステラが…いなくなったんです」無自覚規格外な教師が、迷える少女の歩む道に灯りを点し、その手を導く魔法革命ファンタジー!

ティナ、エリー、リィネの3人の教え子たちが家庭教師のアレンにべったりな姿と年相応の恋愛感情で修羅場を繰り広げる可愛らしさ、同世代のリディヤがアレンにだけ心を許して積極的に愛情表現をする深い関係性を築きあげている設定が化学反応を起こして、4人の間でバチバチの争奪戦が展開されるところがとても好みの作品でした。
これまでは主要な登場人物の数が比較的に少なかったこともあり、テンポの早い掛け合いが行われていても状況が的確かつ速やかに読み取れて楽しむことができました。しかし、徐々に妹のカレンを始め、ハワード・リンスター両家のメイドやカレンとステラの親友のフェリシアがアレンの日常に深く関わる機会も増えてきたことで、これまでどおりの表現ではキャラクター同士の掛け合いを十分に楽しむ余裕がなくなってきているように感じられました。
カレンもフェリシアもアンナもアレンに向ける好意的な感情の臭わせ方や親交の深い間柄での何気ない冗談やじゃれ合いが気持ちよくて好きではあります。

ハワード家の次期公女であり、王立学校の生徒会長でもあるステラが、妹であるティナや親友のフェリシアの急成長と自分にはない才覚を目の当たりにしたことで自信を消失して仄暗い感情をいだく姿には、思春期の心の不安定さと生来の真面目さがもたらした弊害であることが伺えました。そんなステラが自分の歩むべき道に迷うところにアレンが手を差し伸べ、ひとつの道しるべを指し示す優しさは心温まる展開でした。

kakuyomu.jp

ストライク・ザ・ブラッド20 再会の吸血姫

ストライク・ザ・ブラッド20 再会の吸血姫 (電撃文庫)

《あらすじ》
真祖たちの乱入によって混迷を深めていく絃神島の領主選争。事態収拾の切り札である十二番目のアヴローラを連れて、志緒と唯里は絃神島へと向かう。しかし彼女たちを待ち受けていたのは、第二真祖“滅びの瞳”。包囲された志緒たちを救うため、第二真祖の支配地へと単身で乗りこむ雪菜だが―そのころ古城は原因不明の飢えと渇きに苦しんでいた。集結した真祖たちと共鳴した眷獣たちの活性化が原因だ。そんな古城に第一真祖が告げる、眷獣たちの暴走を防ぐ恐るべき方法とは―世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第二十弾!
戦場と化した絃神島で、古城はアヴローラと再び出会う!

第四真祖、暁古城と十二番目のアヴローラの再会という一大イベント、真祖たちの登場で荒れ狂う絃神島の領主選争。
暁古城と絃神島を舞台にした学園ファンタジーもいよいよ最終局面に突入した様相でした。
恩莱島の攻魔師であり修女騎士の少女、香菅谷雫梨。暁古城の両親でMAR所属の母親や考古学者として放浪している父親。獅子王機関や攻魔師をはじめ、オールスターが勢揃いの展開になっていて、長編シリーズ作品とアニメ化範囲を視聴してきた自らの記憶との戦いでキャラクターを追い続けるハメになりました。
改めて思うのは、姫柊雪菜や煌坂紗矢華、羽波唯里、斐川志緒などの最前線で戦いに身を置くキャラクター以外にも藍羽浅葱や叶瀬夏音が自然と騒動の渦中に絡んできて出番が巡ってくることに作者の確かな技量を感じるばかりです。古参の藍羽浅葱に関しては元々は人工島管理公社でアルバイトをしているプログラマーのJKだったはずが、気が付けばカインの巫女として第四真祖と深く関わる役回りになっていました。
暁古城の両親に至っては、息子さんが吸血鬼で第四真祖で血の従者もいてハーレム作ってる事実も認識しているはずなのに完全にノータッチですね。

古城とアヴローラの再会により古城の身に起きた変化と雪菜との関係はどのようなものになるのか。次回も楽しみです。


ガーリー・エアフォースXII

ガーリー・エアフォースXII (電撃文庫)

《あらすじ》
米国で新たなドーター適合機が発見された!調整のため小松にやって来ると聞き、妹ができると期待に胸を躍らせるグリペン。しかし、覚醒前で眠りについたままのそのアニマの少女、XF‐108‐ANM、レイピアを巡り、慧たちは不可思議な事態に巻き込まれてゆき…?その他、グリペン、イーグル、ファントムそれぞれの前日譚に、健気で人気なベルクトとロシアンアニマ三人衆の交流も収録。癖の強い先輩アニマに困惑するベルクトは、果たして任務を達成できるのか!?バラエティ豊かなエピソード満載でお贈りする、美少女×戦闘機ストーリー最終章!

本編は無事に完結を迎え世界は救済されました。グリペン、イーグル、ファントムたちのその後についてはあえて触れないで起きます。
今回は短編集という形で、小松基地のアニマの少女たちをクローズアップしたエピソードがメインでした。(いつも不憫な展開を迎えている明華は欠片もエピソードに絡んでこないです)
長編シリーズになると主要キャラクターの個性や趣味・嗜好がしっかりと固まっているので、「〇〇らしい」展開や掛け合いが楽しめるのが良いです。
グリペンらしさ、イーグルらしさ、ファントムらしさ。それぞれをメインにしてキャラクターごとの“らしさ”を煮詰めたバラエティ豊かなエピソードが満載でファンにとってはこれ以上ない短編集でした。
グリペン×慧のコンビももちろん良いけど、個人的にはファントム×慧がやっぱり好きです。
対ザイ戦の作戦立案の時もですけれど、概ねは八代通とファントムが舵をとって先陣を切っていく印象があります。そんな側面がファントム×慧の掛け合いでも濃く反映されていて、慧をファントムがリードしている光景に思わずグッと来てしまいます。慧が自宅に帰ったらベッドの上にファントムが構えているシーンは垂涎の代物でした。

夏海公司さんは“なれるSE(完結済み)”をきっかけで著作を読むようになりました。まさか、これほどの超大作になるとは夢にも思わなかったです。シリーズ中盤で急展開を迎えたときは度肝を抜かれました。
遠坂あさぎさんのイラストはガーリーエアフォースをきっかけに知りましたが、この数年で特にお気に入りのイラストレーターになりました。今では担当作品はほぼ全部買ってしまうくらいにファンです。
次回作も楽しみにしたいと思います。

ガーリー・エアフォースXII (電撃文庫)

ガーリー・エアフォースXII (電撃文庫)

クラスメイトが使い魔になりまして

クラスメイトが使い魔になりまして (ガガガ文庫)

《あらすじ》
クラスの美少女を侍らせてみたい。誰もが一度くらいは考えるんじゃなかろうか。でもまあ、正直オススメしない。落ちこぼれ魔術師の俺、芦屋想太には藤原千影という使い魔がいる。彼女は魔術師の名門出身で、ついでに誰もが憧れる学年一の美少女だ。え、羨ましい?まじか、じゃあ譲ってやるよ。まず、こいつはご主人様に求める理想が高い。負けん気が強く、中々反抗的で、絶望的に貧乳だ。それでもいいならぜひ引き取って…あ、うそ!許して、藤原さ―この物語は主従関係からはじまる、ふたりの恋(?)のヒストリー…らしい。

魔術師の名門出身でクラスの美少女をひょんなきっかけで使い魔にして主従関係がスタート。
オンリーワンな持ち味のある作品ではないですがラブコメ、学園ファンタジーなどの要素がバランスよく含まれた物語で、小学館ライトノベル大賞を潜り抜けた確かな実力で綴られた作品で最高に面白かったです。
クラスの美少女を使い魔として使役するシチュエーションは思春期の男女にとって情欲を掻き立てられてもしょうがない状況だと思います。ひょんなことでラッキースケベ的な展開が訪れても免罪符が突き付けられるので、合法的に破廉恥な展開が楽しめますね。ただぶっちゃけ、使い魔にされた藤原千影の肉親から殺意のこもった魔術が全力で解き放たれてもおかしくないと思います。

他にもサキュバスを使い魔にしていて主人公と親しい平野旭や幼馴染みの近衛美砂などの魅力的な女の子も登場してきて、キャラクターの好みが少なからずわかれそうです。
幼馴染みはそのポジションから主人公との出会いに関するエピソードが全くなくても、現在の関係性から好意の大小や恋愛感情の有無はある程度伺えるのが強いキャラクターだと思います。
一方で、クラスメイトの平野旭に関しては主人公への好意は表面に現れているもの、目立ったエピソードは描かれていませんでした。キャラクター的にも癒し系で、使い魔のサキュバスがうっかりご主人様の恋事情をお漏らししており、個人的にも一連の騒動を通じて孤立無援になった主人公を支えようとするスタンスが愛らしくて一番好きなキャラクターでした。

ガガガ文庫の受賞作の中でも期待がもてる新作であり、ひとりのラノベ読みとしても推薦したい王道の作品です。

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫 ひ 5-1)

千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫 ひ 5-1)

リベンジャーズ・ハイ (ガガガ文庫)

リベンジャーズ・ハイ (ガガガ文庫)

リベリオ・マキナ2 ―《白檀式》文月の嫉妬心―

リベリオ・マキナ2 ―《白檀式》文月の嫉妬心― (電撃文庫)

《あらすじ》
ヴァンパイア革命軍による虐殺テロ騒動から三週間―水無月の活躍で共和国に平穏が戻ったかに思われたが、カノンやリタの期待に反し、国内では吸血鬼に対する排斥運動が急速に拡大していた。両種族の決裂を防ぐため、そして白檀博士の無実の罪を晴らすため、先の睦月との戦闘で明らかになった“(白檀式)の人工頭脳”に組み込まれた“吸血鬼の脳”の真相を探る水無月たち。ところがそんな彼らの元に突如、世界最大のオートマタメーカーCEOが現れて…。カノンの宣戦布告と共に、吸血鬼王女と絡繰騎士の最強タッグが動き出す、正義と反抗のバトル・ファンタジー第2巻!!

dengekibunko.jp

対吸血鬼戦闘用オートマタ“白檀式”水無月 VS 世界最大のオートマタメーカー。
白檀式のコンセプトと相反する開発理念により製作されたオートマタの到達点と製作者の想いがぶつかり合い、熱い議論とオートマタの神秘を突き詰めた展開が魅力的でした。

白檀式によって誕生した水無月が個としての意志をもって行動を決定することで人間とほとんど遜色のない生活を送り、そんな水無月を引き連れて共に生活をするカノンとの平穏なやり取りにはとても和みます。
もっとも、人間らしいオートマタが機械的にコミュニケーションをとるせいで、カノンやリタの繊細な乙女心を逆なでする光景が、天然の鈍感系主人公を装っていてある意味で奇跡的な主人公だと思います。人間の言語的コミュニケーションはスムーズに取れても、本音と建て前や言葉のニュアンスを読み解く非言語的コミュニケーションは壊滅的だから起きた事故です。口絵のワンカットを含め、今作でも随所に水無月の無神経な言動に翻弄されるカノンたちの光景が収められていて、彼女たちの感情が激しく揺さぶられたときのリアクションがツボです。

吸血鬼排斥運動が急速に活発化をはじめ、水無月たちの周囲の環境も容赦なく動き出すなか、果たして今後の行く末は?
白檀の性を秘匿して生活をするカノン、自らがオートマタである事実を秘匿する水無月。彼女たちの正体が明るみに出たときどうなるのか。新刊がとても楽しみです。

幼なじみが絶対に負けないラブコメ

幼なじみが絶対に負けないラブコメ (電撃文庫)

《あらすじ》
幼なじみの志田黒羽は俺のことが好きらしい。家は隣で見た目はロリ可愛。陽キャでクラスの人気者、かつ中身は世話焼きお姉系と文句なしの最強である。…でも俺には、初恋の美少女で学園のアイドル、芥見賞受賞の現役女子高生作家、可知白草がいる!普通に考えたら俺には無理めな白草だけど、下校途中、俺だけに笑顔で会話してくれるんだぜ!これもう完全に脈アリでしょ!ところが白草に彼氏ができたと聞き、俺の人生は急転直下。死にたい。というかなんで俺じゃないんだ!?俺の初恋だったのに…。失意に沈む俺に黒羽が囁く―そんなに辛いなら、復讐しよう?最高の復讐をしてあげようよ―と。

dengekibunko.jp


久々に傑作とも呼べる学園ラブコメを目にしました。
『丸末晴:初恋のクラスメイトに告白する前に彼氏ができたと聞く(失恋)』『志田黒羽:主人公に好意をもつ幼なじみ。告白するもフラれる(失恋)』。失恋界隈が大盛況ですねw
これまでに読んできた学園ラブコメの定石からシチュエーションがかけ離れ過ぎていて物語の序盤から引き込まれました。

失恋のショックで意気消沈している主人公に幼なじみがかける悪魔の囁き……、“復讐しよう”。
いやいやいやいや、『可知白草に彼氏がいる』『彼氏とは親同士も仲が良い』とかそんな裏付けができているならそこは素直に気持ちを切り替えましょうよ!!
青春を謳歌する若気の至りか知りませんけど、発想が予想の斜め上を行き過ぎてサイコパス
むしろ黒羽は末晴の初恋が失恋に終わったのならガンガンアプローチを仕掛けて振り向かせるべきでしょうが。いくら末晴に未練が残っていようが、そこは刺激しないでストレートな恋心に貪欲に挑んでいこうぜ。
これじゃ黒羽は理解ある幼なじみを演じすぎて損な役回りになってますよ。

幼なじみの特権で家族的な距離感で普段から接しているし、異性の自宅にもナチュラルにやってきて二人きりになれるし、ラブをぶつけて泥沼の甘々なラブコメ展開も全然イケる状況だったけど、可知白草への復讐が進むにつれて、『下校途中、俺だけに笑顔で会話してくれるんだぜ!これもう完全に脈アリでしょ!』が恋に盲目な男子高校生の妄想ではないと発覚してからは怒涛の修羅場が押し寄せてきてました。
真相に近づくにつれて“復讐”に始まった学園ラブコメの様相が徐々に変貌していき、クライマックスには見事にタイトルを回収していく結末に震えました。
たしかに、『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』でした。“負けない”だけであり“勝ってはいない”です。超重要です。ぶっちゃけ、誰もハッピーにならずにトリプルノックダウンする学園ラブコメは草しか生えないです。

イラストを担当されたしぐれういさん。表紙イラストの構図には一目で引き付けられるくらいに最高でした。他にも口絵で黒羽と白草が幼なじみVS初恋で視線でバチバチやりあってるところが逆に末晴にベタ惚れな雰囲気が感じられて可愛かったです。とても素晴らしいイラストでした。

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)

彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ (ファミ通文庫)

聖剣学院の魔剣使い

聖剣学院の魔剣使い (MF文庫J)

《あらすじ》
最強の魔王レオニスは、来たるべき決戦に備え自らの存在を封印した。だが、1000年の時を超えて目覚めたとき、彼はなんと10歳の少年の姿に戻っていた!「なんでだ!?」「君、どうしてここに閉じ込められていたの?もう大丈夫よ。お姉さんが守ってあげる」。“聖剣学院”に所属する美少女リーセリアに保護されたレオニスは、変わり果てた世界に愕然。未知なる敵“ヴォイド”、“第〇七戦術都市”、武器の形をとる異能の力―“聖剣”。聞き慣れない言葉に戸惑いつつも、彼は“聖剣学院”に入学することに。魔術の失われた未来世界で、最強魔王と美少女たちの織りなす聖剣と魔剣の学園ソード・ファンタジーが幕を開ける!

『精霊使いの剣舞』を彷彿とさせる長編学園ファンタジーの幕開け。
魔王レオニスが1000年後の世界で目覚めたときに変わり果てた世界の謎。魔術の失われた世界が生み出した聖剣の存在。
深く掘り下げられそうな世界観がポツポツと描かれていて、ここから魔王レオニスの目線で1000年後の謎をひも解いていくことで全ての要素が繋がっていくような雰囲気でした。
これはもう、長編作品としてじっくり物語を創り上げてくることでより面白さが伝わってくることは間違いないですね!!

現段階でレオニスの正体を知る人間は眷属となったリーセリアのみであり、彼女のメイドのレギーナやエルフィーネ、咲耶などの関わりの深いキャラクターたちはまだ『10歳の少年聖剣使い』程度の認識みたいです。そのために、おねショタでエロい展開に突入する機会もしばしばあるのですが、実年齢を知らないゆえに蠱惑的なエロ要素も強かったです。レオニスの実年齢を知らないがゆえのエロい展開でしたけれど、10歳の少年の外見に似合わず中身のほうはしっかりと反応しているので余計にエロいです。遠坂あさぎ神の美少女キャラクターが可愛すぎてたまらないです。

レオニスたち主要な登場キャラクターを俯瞰すると男女比の構成に既視感がありますね。キャラクターのイラストもきっちりカラーで描かれているし、聖剣学院に在籍する聖剣使いたちが小隊を組んでクエストに挑む構成的に今後の展開で繋がりができる可能性も大きいです。この調子で『夜の魔王カゼハヤ・カミト』を超える本物の魔王としてハーレムを形成して最高のラブコメ展開をもたらしてくれることに期待してます。
遠坂あさぎ神の可愛いキャラクターたちに最大の感謝をっ!(配布されているアイコン画像も使わせていただいています)