働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

支援術師の迷宮探索記 1

支援術師の迷宮探索記 1 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
《勇者》から戦力外通告を受け、冒険者パーティ『勇気あるもの』を追放された支援術師ロイド。
実力不足や“資格の喪失"への自覚から大人しくパーティを去り、冒険者引退を考えるロイドの前に一人の少女が現れる。
「ロイドさんは、わたしを助けてくれたんだ! 」
かつてロイドに救われたという少女サラに乞われ、一時的にパーティを組むことに。
本気で迷宮攻略を目指すサラに眩しさを覚えながらも、冒険者として彼女を導くロイド。
そしてロイドは、自分が喪ったものと向き合っていく……。
これは再起した最弱が最強を導き、世界を救う英雄譚――!!

近接戦闘では小鬼と互角にしか戦えない支援術師ロイド。冒険者パーティーを追放されるにまで至ったトラウマから、新人冒険者サラと出会い再起に至るまでに様々なドラマがあって面白かったです。
支援術師のパーティー内でのポジションが他のメンバーの補助に特化している反面、ソロになるとまともに力が発揮できない側面が顕著に浮き彫りになってくるために、支援術師の存在価値に疑問を抱いてしまいかねない。冒険者の役職は数多くあり、戦う才能に恵まれないロイドが唯一真価を発揮できる支援術師として補助に徹するにまで至るエピソードも丁寧に描かれていて、ファンタジー作品ではあるけれど見栄えのあるバトルシーンよりもヒューマンドラマのほうがかなりフォーカスされていましたね。冒険者をこういう視点から描く展開はちょっと新鮮でした。そもそも、仲間が最前線で攻防を繰り広げているなか、後衛でひたすらに地味な役割に回っていたらメッチャ鬱になりそうです。これがリアルな冒険者人間性ですね。
ロイドが過去と向き合い、最後はトラウマを吹っ切って腐っても最前線のパーティーで活躍してきた経験を活かして緊急クエストに挑む急展開もカッコよかったです。
雨宮和希さんの作品は初めてでしたけどすごく面白かったです。これからの活躍と新刊も楽しみにしたいと思います。

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです! 8

超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!  8 (GA文庫)

《あらすじ》
帝国の支配からヤマトを解放した超人高校生たちは、すべての謎が眠るエルフの里へと向かう。果たしてそこで待ちうけていたのは、彼らをこの世界へと呼び寄せた存在との邂逅だった!ついに語られる異世界召喚の理由。超人高校生たちは元いた世界に帰還するためにも、異世界を守る決意を新たにする。だが、時を同じくして“青の元帥”ネウロは司たちとの全面対決を選択。圧倒的な大軍勢が疲弊したヤマトへと迫ろうとしていた!世界の命運を懸けた戦い。その始まりを告げる、異世界革命譚第8弾!

超人高校生たちを異世界に呼び寄せた超常の存在との邂逅、ネウロの正体、ツカサたちが異世界から帰還するための手がかりの発見。帝国の支配から解放するための超人高校生たちの革命譚もいよいよ終着点の目星が付く中、超人実業家の真田勝人のみが唯一独断で行動する状況が続いています。超人高校生たちの突出した才能をもって卓越した技能が数々の困難な局面で華麗に披露され、爽快感のある活躍ぶりとともに、強者に出くわして拮抗した局面に陥ったときに見せる人間らしさにメリハリが効いていて良いですね。
どんなに優れた人間でも、心臓はひとつしかないし致命傷を受ければ命も果てる。現実離れした才能を持つ超人高校生たちにも不可能なことはあるし、ひとりの人間としての限界は存在することもある。敵対勢力のネウロの有する手札とツカサ率いる勢力の手札も現状ではかなり拮抗していて、一筋縄では異世界からの帰還はなせそうにないですね。それだけに、どのような切り口で形勢を巻き返していくのかが気になるところではあります。

全てのカギを握るのはやはり真田勝人の存在ですかね。現状ではネウロの勢力についているようですが、まだまだ底の見えないポジションに立っており、どこまでが彼の意思で動いているのかが未知数。どこまでも合理的で堅実な選択肢をたどっているように見えるけど、真意は謎に包まれています。今回のクライマックスでは彼の意思が垣間見えて大きく動いている場面がありましたが、はたしてどうなることやら……。

続・この素晴らしい世界に爆焔を!2 この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ わがままバスターズ

続・この素晴らしい世界に爆焔を!2 この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ わがままバスターズ【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
「このすば」大人気スピンオフシリーズ第二弾! この世界に溢れる“わがままな”依頼をめぐみんたちが解決!?
 カエルとの縁は永遠。カエルの王、キングトードを討伐せよ!――「王都に雨を!」
 セシリー、ゼスタ大暴れ! 邪悪なエリス教徒を討伐せよ!? ――「アルカンレティアに稲妻を!(前編)」
 そのスライムの名はチャッピー。やはりアクシズ教徒はやべえ奴しかいないのか。――「アルカンレティアに稲妻を!(後編)」
 『マリモでもわかる生物学』著者:バートン教授、暴走の末、少女に獣の○○○を斬らせ……。――「魔獣の森に斬光を!」
 そしてめぐみんは一つ、大人になる。――「宝石獣に爆焔を!」 電子版特典として、電子限定書き下ろし短編『たまには本気の着ぐるみ侯爵』を特別収録!

やはりこのすばの外伝はも原作者が執筆するべきですね!!
キャラクターの魅力がフルに活かされていて、でこぼこなパーティー構成でもなんやかんやで依頼を達成できるハチャメチャな展開。ぼっちをこじらせすぎたゆんゆんの不憫すぎるエピソードと量産されていく黒歴史の数々と、自称“ちりめん問屋”の娘のアイリスのチートぶりと天真爛漫なキャラクターが決まってました。一国の王女が冒険者としてギルドにやってくるわ、友人を遊びに誘う感覚で王城の門番にアイリスを呼び出させるわ、豪胆なめぐみんたちの行動は見ていてとにかく面白いです。
『頭のおかしい紅魔の娘』の異名をアクセルの街で轟かせるめぐみんの凄さは伊達じゃない……。
そしてアクシズ教の総本山であるアルカンレティアに出発。スピンオフでしか出番のないセシリーやゼスタに加えて、魔王軍幹部のデッドリーポイズンスライムのハンスさんが謎の因果で再登場してきたり、相変わらず謎の世界観を醸し出すライトノベルです。今回も傑作のスピンオフでした。

宮本サクラが可愛いだけの小説。

宮本サクラが可愛いだけの小説。 (MF文庫J)

《あらすじ》
とにかく可愛い幼なじみと織りなすイチャイチャラブストーリー、開幕!
宮本サクラは可愛い。なぜって、
理由1 見た目が可愛い
理由2 表情がころころ変わって可愛い
理由3 おだてられるとすぐ調子に乗って可愛い
理由4 小さい頃の結婚の約束を今も覚えていて可愛い
理由5 こっそり胸も大きい
……ほらこれだけ揃って可愛くないわけがない。
つまりこれは、彼女を愛でるために存在する、この世で最も純粋な小説なんだ。
ちなみに僕は大神ヒカル。
サクラの幼なじみで、北欧神話の大神オーディンの生まれ変わりらしいです。

オーディンの生まれ変わりの大神ヒカル、時の女神の生まれ変わりの大神の3人の美少女たちとの共同生活。
そんなハーレム生活なんて眼中に入らないくらいに、ただただ『宮本サクラが可愛いだけの小説』でした(タイトル回収)。
幼馴染みの距離感をこじらせたヒロインの面倒くさい感じとツンデレ具合と妙に主人公に突っかかってくる感じが全部兼ね備えていて、とにかく可愛い。
主人公以外の目線を遮るために、あえて自分の整った容姿を悪く見せる装飾を施したりもしていてとにかく可愛い。
なんだかんだで好感度MAXで花嫁修業に精力的に取り組んでくれて、同衾してからはエロさも見せてくれる宮本サクラがとにかく可愛い。
幼馴染みが大勝利して全力でイチャイチャするラブストーリー。宮本サクラの今後の可愛さに乞うご期待 !!

六畳間の侵略者!? 31

六畳間の侵略者!? 31 (HJ文庫)

《あらすじ》
六畳間の謎が明かされ、新学期がスタートする直前。暁の女神がナルファちゃんになるまでの僅かな期間で、孝太郎たちは世界の秘密に触れていた。そんな中でも、特に皆の興味が集まったのは“もしも”の世界。記憶を保持しないことを条件に並行世界を覗いてみることにした六畳間の面々は、「孝太郎と付き合えたら」というif世界をそれぞれ見てみることに…!?トップバッター・晴海の可愛さが炸裂する書き下ろしストーリーを加えて、「へらくれす編」第4弾が登場!

女神の神秘で孝太郎×晴海が恋人同士になるパラレルワールドを見ることができるなんて!
六畳間の面子の好感度横並びな関係に波紋を巻き起こしそうですが、パラレルワールドに関連する記憶を消去させる手段をとることで本編に全く影響を及ぼさない対策をしっかりととってますね。何十億の世界戦を通ってきた青騎士とフォルトーゼの経験があると、ひとりの恋する少女が並行世界を覗き見ることが些細な出来事に見えてきます。
もっとも、孝太郎や六畳間の少女たちが過ごしてきた世界線では、みんなで仲良く楽しくすることに充実した幸せを満喫している節が強いので、何が正解なのかわからないです。孝太郎が六畳間の少女たち全員と出会ったこれまでの世界線か。晴海と出会い、晴海との時間を過ごしてきたパラレルワールドなのか。
パラレルワールドではまた別の孝太郎との距離感の縮め方や学校でのやり取りがあり、往年の青春物語のような展開をたどっていて違った趣があってよかったですが、そこには他の六畳間の少女たちが登場することはほとんどなく寂しいものがありました。

神童勇者とメイドおねえさん

神童勇者とメイドおねえさん (MF文庫J)

《あらすじ》
かつて神童と謳われた勇者シオンは、魔王を倒し世界を救うが『魔王の呪い』により王都を放逐され、辺境での隠遁生活を強いられる。世界を救い、けれど世界に忌み嫌われた少年はある頃から四人のメイドのおねえさんと一緒に住むように。戦えば無敵のシオンだが年上のメイド達にはからかわれ続ける日々を送る。「どうして僕のベッドで寝ているんだ!?」「どうしてと言われましても、私が添い寝当番でしたので」「もうっ、シー様かわいいっ!」「…お前ら、僕で遊ぶのもいい加減にしろ」強すぎるがゆえに迫害された神童勇者と、少し変わったメイド達。辺境で穏やかに暮らす最強の少年とおねえさん達のラブラブ同居生活!

世界を救い神童と呼ばれた小さな勇者が辺境で隠遁生活を強いられるなかで、4人のメイドたちとラブラブでエロエロな同居生活を送るに至ったのか……。
名声も得られずに悲しく暮らす少年の辛い現実とエロコメ展開のさじ加減が作品の雰囲気を程よく和らげていて、固くならずに(下ネタのほうではありません)読み進めることができました。

少年が王都から放逐されるきっかけとなった『魔王の呪い』。平凡な人間は近づくだけで生命力を吸われ、最悪の場合は命の危機に瀕するほどの呪い。魔王を倒したあとに訪れたのは、王都で忌み嫌われた存在として扱われ、呪われた本人や有識者たちの努力ではどうにも抑えきれない呪いのため物理的な距離を置くために辺境へと追いやられる。
勇者の少年が辿った運命の壮絶さと、手に負えない力を忌避した人類が抱く感情や思考回路が克明に描かれていて、読んだ人を引き付ける魅力がありました。
そんな勇者の少年の目の前に突如現れたメイドの4人たちの正体とは……。彼女たちには彼女たちなりの生きてきた時間があり、勇者のもとを訪れて決断をゆだねるだけの苦悩があったんだなと……。

発売前の宣伝ではイラストのエロエロさが先走り(下ネタのほうではありません)し過ぎていましたが、それだけではない魅力的な展開が満載の物語でとても面白かったです。ぶっちゃけ作者&イラストレーター買いだったのですが、続巻が出るのであれば是非とも期待したいです。

好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件

好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件【電子特別版】 (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
ピンクの蚊に刺され、“他人の自分に対する好感度”が見えるようになった高校生・桐崎冬馬。知り合いは30、友達は70が普通なのに、美少女四天王・九条桃華の数値は100と最初からカンスト。「友達になってほしい」という桃華とメッセージのやりとりや放課後デートを重ねる。冬馬が何か失敗しても、彼女を待たせても常に好感度は安定の100。真面目で照れ屋な彼女に惹かれていく冬馬だったが、桃華の親友であるツンデレ女子・如月結衣の数値が-50、さらにモテ女子・雪村希の数値は-100!とはいえ結衣とは桃華の話題で盛り上がり、遠足でぼっちになった希と過ごしたりして、彼女たちの好感度も爆上がりに!?ヒロインに愛され度限界突破のほんわか甘々ラブコメディ。

sneakerbunko.jp


好感度がカンストしている九条桃華の全てが可愛すぎる!! 
主人公の桐崎冬馬との出会いのきっかけとなった入試試験でのトラブル。冬馬の幼馴染みたちの手助けもあり桃華と友達からの関係がスタート。冬馬は美少女四天王として容姿も整っている桃華に徐々に惹かれ始め、桃華はかねてより好意を抱いていた冬馬と接するたびに幸せをかみしめ、わかりやすいくらいに感情が表に出いていてとても心温まるラブコメぶりです。
お互いに恋愛初心者で奥手な様子は会話のやりとりや挙動を見れば一目瞭然でしたけれど、冬馬の幼馴染みたちが聖人過ぎてL〇NEの交換を後押しするきっかけを作ったり、デート時のアドバイスを積極的に教示してくれたり、本当に同年代とは思えない人間性が見られました。そんな、冬馬を後押しする幼馴染みたちの心情を裏付ける幼少期のエピソードもしっかりと練られており、冬馬に救われた人たちがこれからの人生で全力で恩返しをしていくという精神が尊かったです。

さて、桐崎冬馬と九条桃華の関係は本編中盤から無事に恋人関係となるという予想外の展開に入るわけですが、やっぱり恋愛初心者たちなだけに“何をしたら彼氏彼女”なのかわからずに手探りで距離を縮めようとしている純情で一途な関係性がとにかく甘々で眩しすぎます。ここまで相思相愛なのに手をつなぐのがやっとだなんて。むしろ、海辺で真正面から愛を叫んだシーンのほうがよっぽど度胸がいると思うのだけど、僕はそんな実体験がないから比べようがありません。

美少女四天王も全員登場して全員と良好な関係を築いている桐崎冬馬の学校生活が今後どのようなものになるのかが気になりますね。まあぶっちゃけ、九条桃華がとにかく可愛すぎてこの至高のヒロインが照れたりドキドキしたり楽しそうにしている姿を見て、ただただ「可愛い」を満喫するだけでも十分に良いんですけどね。個人的に今月の新作のなかでもイチオシのラノベです。