働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(8)

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(8) (モンスター文庫)

《あらすじ》
「どうしてあんなところにトレビュシェットがあるんだよ!?」突如放たれた、隣国バルベールからの攻撃。
カズラも駐留する砦内は、一瞬のうちに大パニックとなった。圧倒的な性能を誇る敵の攻城兵器。
絶体絶命の中、ジルコニアは「覚悟を決めなさい」と兵に発破をかけ、敵を迎え撃つ覚悟を決めるのだが――。
小説家になろう」発、シリーズ累計30万部突破の大人気作品、待望の第八弾。

平穏なひと時から一変。休戦協定が破られ、戦争の火ぶたが切られる。本格的な戦争に突入するにあたって、バレッタがひそかに開発していた戦争兵器の数々が実践に導入される準備も着々と進められてますます盛り上がりを見せる展開でした。それに伴い、一良に黙ってグリセア村で兵器の開発を進めていた事実が打ち明け、胸のつっかえもとれる光景も描かれてました。

しかし、改めてこの作品を振り返ってみると、当初は宝くじで持て余した40億を元手にグリセア村で平々凡々に暮らしつつ文明レベルを格段に進歩させていたはずなのに、気がついたら戦争をどうにかするために奔走する立場になってるんですよね。スローライフはいったいどこへ……

グリセア村でチラッと登場した謎の人物のことや主人公の父親の意味深な発言もいまだに明らかになっていないけれど、いつ頃伏線回収してくれるのやら。さらには、今回登場したバルベールの攻城兵器を開発した幼女も何やら秘密がありそうな演出でしたし。
強いて言えば、こういった後々の展開に関連しそうな出来事は上手く物語の流れに組み込んで印象付けるために、もう少し演出を強くしてほしかったですね。作中にポンと出されても、書籍だけを追っている身としては記憶にとどめておけるかが懸念材料です。
さらに欲を言えば、物語が地続きになっていると物語が現在どの段階にいるのかがつかみずらいので、冒頭の部分は多少は説明っぽくなっても直前までの流れを組み込んでほしかったです。

これらを除けば、ジルコニアさんが嫌いで異臭を放つ虫を大量に送り付けてスメルハラスメントと化してたり、バレッタとリーゼの恋路が荒れそうな雰囲気になってきてたり、シリーズを積み重ねるなかで育まれたキャラクターの個性が活かされていて楽しかったです。
まあこんな状況だし、今すぐリーゼとバレッタが一良との関係性を進展させるとは思えないけど、戦争に目途がついた暁にはまた和気藹々とした光景を見せてもらいたいです。



宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(8) (モンスター文庫)

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する(8) (モンスター文庫)

編集長殺し 2

編集長殺し 2 (ガガガ文庫)

《あらすじ》
「最近思うんだけど、ギギギ文庫よりいいレーベルってなくない?」ギギギ文庫編集長は幼女です。今日はどうやら褒められたい気分のご様子。「そ、そうですね…」なんて心にもない相槌を打ってしまった私は、編集部一年目の川田桃香です。でも仕方ないのです。今日こそ、この渾身の企画を編集長に通さなければ!―部数マジック、テンプレ論、差し入れetc、業界の役立つ知識が盛りだくさん♪そして全編集者の敵、“ヤツ”も現れる…?「塩まいて塩ォ!」現役☆美少女編集も荒ぶる編集部るぽラノベ第2巻、ここに校了!

ライトノベルレーベルの過酷な労働実態を忠実に書き綴ったノンフィクション作品かな? ガガガ文庫は身を切り刻んで自虐ネタに走ったのかな?
これを片手に労基署に駆け込めば即刻ブラック企業に認定されて、編集長は牢屋送りになりそうですね。

ガガガ文庫は読者の目線から見ても『ガガガ文庫らしい』でひとくくりにできるくらいのキチガイルな素晴らしいレーベルで、存在感を放つ尖った作品を多数輩出するので店頭で見かけると冒険心を刺激されてつい読んでみたくなります。最近ですと主人公が二重人格で出会ったヒロインと所かまわずセ〇クスをしまくる作品なんかもありましたねー。

ただし、たまにガガガ文庫は作品は鋭く尖らせすぎた作品を意識し過ぎて逆にポッキリ折れてしまい打ち切りのケースもしばしばあるので、そこは一長一短。

今回に関してはまだ許容できる範囲ではあるけれど、ラノベ業界の売り上げ部数マジック(水増し)をはじめ若干業界のタブー深入りし過ぎて、著者が黒の組織に消されないかが心配(小学館だけに)。
ラノベ業界物は自らの業界での経験と知識を切り売りする側面が強く、業過の様々な実態が反映されている作品案なので、消費オタクからしたら知的好奇心を刺激される内容でもあります。

剣聖の私がお前を好きだと? 笑わせるな! 大大大好きなのだ!

剣聖の私がお前を好きだと? 笑わせるな! 大大大好きなのだ! (ファンタジア文庫)

小説家になろうと思うのだ」突然俺にそう宣言したのは『剣聖』とも名高い美少女剣士―シルフィだった!?パーティ仲間の俺やサービスシーン担当(!?)のロリ魔術師ユーリも巻き込まれて、彼女の小説執筆の取材のためにダンジョンへ向かうことになったけど…?「私の弁当を食べてくれ!はい、あーん」マジメに取材を始めるかと思ったら「スライムが服の中に!―あんっ!」なぜかサービス満点な方向に…。「さあ、今日もダンジョンに出発だ!(いい加減、私の恋心に気付いてほしいのだが!?)」大好き度MAXから始まる、ドタバタラブコメファンタジー!第30回ファンタジア大賞銀賞受賞作

難聴+鈍感な天然ジゴロによるドタバタラブコメファンタジー。剣士のシルフィ、黒魔術師でケットシーのユーリ、本屋の看板娘のミーナが揃って主人公であるミストに好意を寄せている構図は、少なからずハーレム要素を感じさせる。一見すると修羅場が勃発しそうではあるけれど、水面下でヒロインたち3人が結託してミストへのアプローチを仕掛けたり、あるときはミストをめぐって争ったり。ラブコメとしてはヒロインの好意の向く先がハッキリと明言されているだけに、ヒロインたちのストレートな本音と感情をむき出しにした(鈍感主人公に対する)心の叫びが爆発していて滑稽すぎる。ヒロインらしからぬ絶叫がたびたび炸裂することからも、主人公へのアプローチが上手くいかず絶叫したくなる心境がひしひしと伝わってくる。

どのヒロインたちも読者によって好みを分けそうなルックスや性格をしていて、3人とも既にイラストとして登場してなおかついい性格をしているので甲乙つけがたい。エピソードの比重としてはパーティメンバーとしてミストと行動を共にするシルフィちユーリに多少軍配が上がっている状況なので、ミーナのエピソードを増やしてほしいです(願望)

シルフィ、ユーリ、ミーナの3人が主人公へ好意を抱くまでのなれそめは不明で、物語の冒頭から好感度はマックスのベタぼれ状態。最後まで明かされることなく幕を閉じることになったけれど、続編の刊行まで着手することになるのだあれば是非とも読んでみたいです。

セプテムレックス 怠惰の七罪魔と王座戦争

セプテムレックス 怠惰の七罪魔と王座戦争 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
次期魔王を決めるバトルロイヤル―“王座戦争”。その開催が迫る中、面倒くさがりの“怠惰”の“七罪魔”・ラグナルは、“王座戦争”の中止を画策していた。しかしそのやり方は、魔界の住人の命を人質に取ったり、お金で解決しようとしたりと手段を選ばないもので―逆に魔王に人質にとられてしまったメイドのメリィを救うため、個性的な“七罪魔”たちを説得し、バトルロイヤルを阻止できるか!?“戦わない”バトルファンタジー開戦!
死ぬのも魔王になるのもめんどくせーんだよ!
第30回ファンタジア大賞銀賞受賞作

七つの大罪になぞらえた称号を持つ最強の魔族たちがバトルロイヤルで次期魔王を決める王座戦争……、怠惰のラグナルが最も騒動の渦中で働き詰めで、全然怠惰じゃないと突っ込みたくなるけど些細なことは脇に置いときます。

七つの大罪と絡めたキャラクターメイクが強烈なインパクトを与えられ、魔族たちのなかにはピーキーな能力を備えたものやチート級に強い能力を持った者がいて波乱続きのバトルロイヤル。突発的な戦闘がほとんどで相手と決着がつくまで長引くような局面はほとんどなかったが、七罪魔たちの説得をコンセプトに行動を起こす怠惰のラグナルなだけに物事の運び方に全く無駄もなく、協力を得た七罪魔のピーキーな能力を上手く使いこなしていて面白かった。なかでも暴食のヴァルと色欲のルナのコンビは能力のデメリットを完全に厨技。ポケモンで例えたらなまけないケッキングです。

総合的な評価としてはファンタジア文庫のレーベルカラーにあった作品でなおかつ銀賞にちょうどいいくらいのオーソドックスなファンタジー作品といったところですかね。七罪魔たちのキャラクターも作中で十分に役割を全うしており、カラーイラストで全員が描かれているので、バトルロイヤルに参加するメンバーの全体像をインプットして読むことができたので、より七罪魔のキャラクターをイメージできました。

余談ですが、キャラクターの容姿や全体的な色使い憂姫はぐれさんのイラストを連想させられてずっと気になってます。

この世界で9番目ぐらいな俺、異世界人の監視役に駆り出されました

この世界で9番目ぐらいな俺、異世界人の監視役に駆り出されました (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
魔王すらも恐れる人類最強の9人が属する組織『災厄の数字』の一員、『絶氷』のクレスはとある特殊任務を命じられる。「ボス、俺は誰を暗殺すれば…って、えッ?」その驚くべきミッションとは、魔法学園に生徒として潜入し、ニホンという“東の国”から召還された“勇者達を監視せよ”というものだった!SSS級の能力で楽々実技試験を突破し魔法学園に入学を決めるも、戦闘や暗殺を生業にするクレスにとって美少女勇者の監視任務は想定外な出来事の連続で!?大人気WEB小説が大幅加筆により新生!世界で9番目位の実力者・最強氷術使いによる波乱の学園潜入生活が今、はじまる!
最強氷術使いの新たな任務は、美少女勇者を監視すること!?

学園ファンタジー作品で実技試験を無双する展開は王道。異世界に召喚された日本人学生が勇者としてあがめられ、チート能力を授かる展開も王道。そんな王道が続いている作品だけれど、魔法学園に生徒として潜入した主人公の境遇や監視任務が引き起こすトラブルの連続。
中性的な容姿がもたらす学園ラブコメの予感。召喚された勇者をも嫉妬で狂わせたその容姿。王道学園ファンタジーの熱いバトル描写も兼ねつつ主人公のキャラクターがポップでコミカルな展開を招き寄せてくれるので、メリハリを効かせた物語の構成で読者を飽きさせない内容でした。
もともとWeb小説界隈でも人気を博していた作品であり、どこまで編集者による加筆修正が行われていたかは定かではないけれど、実際に読んでみても十分に満足して楽しめる作品でした。

主人公の学園潜入の任務もまだ始まったばかり。日本から異世界に召喚された勇者の今後の動きに関しても、まだ定まった方針はなく注目するところではあります。
もっとも、異世界に召喚された日本の女子高生との間にフラグを成立させたり、魔法学園で出会った生徒から結婚を申し込まれたり、潜入任務よりも難易度の高い問題が目の前に押し寄せてきて面白くなってきていることは間違いない。
他にも、主人公の身に宿した異能の存在についてまだ謎に包まれている部分が多いので、引き続き新刊が発売され次第読破していこうと思います。


廻る学園と、先輩と僕 Simple Life

廻る学園と、先輩と僕 Simple Life (ファミ通文庫)

《あらすじ》
僕こと千秋那智の通う聖嶺学園高校には、学園一の美少女と噂される先輩―片瀬司がいる。そんな学園のアイドルと、ある事件をきっかけに知り合った僕だったけど…それからふたりの距離はなぜか急接近!?からかわれているのかと訝しむ僕をよそに、先輩はいつも可愛く、そして楽しそうで―。憧れの先輩に振り回されっぱなしの那智くんと、実はもの凄くヤキモチ焼きの司先輩、そんな二人が繰り広げるラブコメ&スクールライフ、はじまります。

学園のアイドルと称される先輩とごく平凡な新入生のはじめての出会いと二人が恋に落ちるまでをシンプルに描いた青春ライフ。主人公である千秋那智のステータスが片瀬司の学年が集計した人気ランキング第2位の相対的評価を有していることから、彼の容姿が比較的に優れていることがうかがえるけれど、それ以外は全てにおいてシンプルかつごくありふれた日常のワンシーンを切り取った展開が多かった。それだけに、小説でありながらも等身大のスケールで描かれる青春の物語をストレートに楽しむことができて素晴らしい作品でした。

千秋那智と片瀬司の青春模様を描くうえで、出会った頃は学園のアイドルとごく平凡な新入生という構図から『那智が司に(気がついたら)恋心を抱いている』というイメージが強かったけれど、それを補う形で徐々に変わりゆく彼の心境の変化が丁寧に描かれていて、ラブコメの醍醐味である主人公の初々しい反応には口元がにやけてしまいました。
那智の心境の変化を描写する傍ら、司のなかでも親友であるクラスメイトが那智との関係を面白おかしく囃し立ててくれて、ただの仲の良い後輩男子生徒から少しずつ意識し始めていきやがて恋に落ちるまでがぶっ飛ばしたくなるくらいピュアに描かれていました。
二人とも両想いのはずなのに最後の部分で足踏みしているところからは自分も邪念が芽生えてきて、正直爆発してほしいくらいのベストカップルでお腹いっぱいでした。

同レーベルからの著作である『佐伯さんと、ひとつ屋根の下』が好みの読者は間違いなく楽しめる作品でもあるので、未読の人はぜひ読んでみてください。


オミサワさんは次元がちがう

オミサワさんは次元がちがう (ファミ通文庫)

《あらすじ》
大学二年の雪斗には気になる女性がいた。芸術科の小海澤有紗。無表情、無感情で人と関わろうとせず、そこかしこに絵を書き散らすも、その落書きが数百万の価値を生む百年に一度の天才。人とのコミュニケーションが断絶してしまっているそんな小海澤さんが気になり、なんとかお友達にこぎつけた雪斗。しかし天才との変わった交流を楽しむはずが、彼女の重大な秘密を共有することになり―。次元が違う彼女との、もどかしくピュアなキャンパスラブストーリー。
天才のオミサワさんは、三つほど次元が違う人だった――。

ファミ通文庫の恋愛ものは傑作率が高いです!!
“次元がちがう”というワードが比喩的表現なのか物理的な表現なのか。序盤で描かれた芸術学部の小海澤有紗の経歴と経済学部の今城雪斗との出会いや大学構内での有紗の人物評を総じて“次元がちがう”という表現なのかと思いました。しかし、徐々に真相が明らかになってくると有紗がコミュニケーションを断絶している理由や彼女の身に起こった悲劇の全てに辻褄があい、そんな彼女に対して積極的にアプローチをして手を差し伸べる雪斗の姿が眩しすぎる。

結論から言えば“次元がちがう”有紗の秘密に関わることが雪斗の身の破滅に直結することを危惧して、距離を取ろうとする有紗と彼女を救うために危険を顧みずに関わろうとする雪斗という構図が出来上がったときには、二人のラブストーリーが本当にピュア過ぎてフィクションでしか味わえない真っすぐな恋愛が描かれていて荒み切った20代男性の心にグッと刺さりました。

これほどまでに危険な壁を乗り越えて結ばれた二人の恋愛には、その先の人生も間違いなく仲違いすることなく結ばれる人生が明確にイメージできるので、物語が幕を閉じたときの読後感はとてもスッキリしたものになり、ラストに用意された有紗の描いた絵画が彼女の人物像を一変させる愛らしさがあふれていてとても癒されました。

単巻完結でも十分なピュアなラブストーリーでファミ通文庫がほこる素晴らしい作品ですので、是非読んでください。


オミサワさんは次元がちがう (ファミ通文庫)

オミサワさんは次元がちがう (ファミ通文庫)