読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

サービス&バトラー 3

ラノベ 講談社ラノベ文庫

サービス&バトラー3 (講談社ラノベ文庫)
俺が陽菜お嬢様の執事に就いてから三ヵ月が経とうとしている。彼女の執事兼コーチとして働くことになり、所属する第二テニス部と古巣である第一テニス部との抗争などを乗り越えて、今ここに至るわけだ。だが、俺たちが引退したあとに残される後輩の珊瑚のことを考えると、いつまでも第一テニス部と対立したままではいられないだろう。そして俺たちは、珊瑚を―彼女の未来を賭けて、全国レベルの先輩率いる第一テニス部と勝負をすることになるが…!?「俺もそろそろ着替えるから、珊瑚は着替えを見守っててくれ」「はい、分かり…ませんよ!先輩は無限に変態ですね!」テニス×執事×お嬢様な学園ラブコメ、クライマックスの第三弾!







講談社ラノベ文庫新人賞作品も3巻でクライマックス?、ということはこれで終了なんですかね。まあ3巻まで無事に刊行されただけで僕としては満足です。
1巻が店頭に並んだ頃から購入して読んでいましたけど、見て分かるようにテニス×執事×お嬢様な学園ラブコメ。主人公の水瀬直哉がある日を境にテニスプレイヤーとしての道を断たれたところに、同じ学園に通う神坂陽菜に執事として雇われることで始まる熱血テニスもののラノベです。
学園内での日常パートでは主人公の水瀬が、ラノベ主人公の中では珍しくガンガンヒロインにセクハラをしていくキャラクター。一人のテニスプレイヤーとして尊敬しつつ好意を抱いているヒロイン人が、時には水瀬の行動に翻弄しつつも、容赦のない突っ込みをかますところが面白いです。あっ、ガンガンセクハラをするといっても最後の一線は踏み越えていません。ついでにいうと鈍感属性が付与してるのでときどきかましてます。
そして肝心のテニスパートですけど、日常パートのおちゃらけた雰囲気ががらりと変わってガチの真剣勝負が繰り広げられます。どこぞのテニヌマンガと違いれっきとしたテニスというスポーツの勝負です。テニスに関する専門用語などが飛び交うのは、テニスというジャンルを題材にした作品としては仕方がないこと。といっても最近はゲームなんかである程度の知識を持ってる人でも十分に楽しめるテニスパートでしたね。テニスというスポーツがどういった流れで行われるのかをイメージできれば十分です。それぐらいソフトに書かれていすので、興味を持った人は読んでみたらいいよ。

なんか気が付いたら3巻の内容と全然関係ないことを書いていたけど、こんなラノベもあるよって宣伝できたからいいかな。