読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

アルティメット・アンチヒーロー2 妖精女王と百万の敵

アルティメット・アンチヒーロー2 妖精女王と百万の敵 (講談社ラノベ文庫)
神代焔は神すら従える大魔術師でありながら、とある事情により一学生として新東京魔術学園の実習小隊に配属されていた。ある日、任務中に現れた悪魔を倒したところ、クラスメイトのちこりが一人の少女を拾ってきた。彼女は自らを『妖精族』の女王エルフィーナと名乗り、人間界への移住を求めて交渉に来たらしい。―この世界に悪魔が現れるようになってから一世紀。人類が初めて魔界の住人と敵意のない交流をもった最初の瞬間である。しかし、当然ながら人類とエルフィーナとの交渉はうまくいかない。そこで焔がとった手とは…!?いずれ救世主と全ての人間に讃えられる少年が紡ぐ、敵も味方も誰一人ついて行けない常勝無敵ファンタジー第二弾!






救世主でありながらにしてダークヒーローである神代焔の完璧なまでの俺TUEEEとバカな大人によって引き立てられた孤独な正義がとにかく熱い!
『統一世界政府』と『聖堂教会』に巣食う汚い大人たちによって印象操作された邪神使いのイメージは全くのでたらめであり、焔の本当の姿を知る純華を含めた極わずかな人間。このシチュエーションがとにかく切なすぎて切なすぎてつらいよぉ。なんなんだこの主人公は。自分の心配をする人をよそにドンドン立場を悪くするような行動を取り巻くって。純華や栞の気持ちも考えてやれよ。
魔界から妖精族の人間界への移住を受け入れるためにとった統一世界政府の首脳陣を交えての会談を無事にやり過ごすための最善の行動をとったのはわかるけど、ドンドン孤独への道を突き進んでいやがる。完全にパワーインフレを起こして誰の手にも押さえつけられないくらい強靭な力を手に入れた主人公のダークヒーローなラノベは3巻熱望!