働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! 12

おまえをオタクにしてやるから、俺をリア充にしてくれ! (12) 大学生編 (富士見ファンタジア文庫)
恋ヶ崎と佐倉さんのバトルに終止符が打たれてからというもの、俺に対する恋ヶ崎の反応が何かと可愛い。遠距離で実際には会えないけど、アイツが免許取るって言うから、俺が一緒に合宿で取ろうって話をすると「本当!?いいの!?」って無邪気に喜ぶし、最近始めたラノベ編集のバイトで俺が落ち込んでても、俺のハマってるアニメの話をしてくれて、おまけに励まそうと歌も唄ってくれて…可愛すぎるぜ!そんな中、サークルでの夏コミ参加が決まる。しかも同人誌の販売部数をアニメ研と競うことになるのだが…負けたら長谷川がアニメ研に奪われるって!?ど、どうにかしないと!





ストレートなラブコメの中でも特に面白い!
シリーズを重ねるごとに高校時代の柏田とは比べ物にならないくらいイケメン。悲しんでいる女の子を目の前にして誠実に向き合っている姿が新たなハーレム要員を気づきあげていくことになってる。それはもう遠距離恋愛中の恋ヶ崎からも苦言を呈されるほど。でも柏田のそれは結果論であって、恋ヶ崎に対する一途な思いは揺るぐことなく、他の女の子に対して親切心だけで動いているところが惚れ惚れするくらいカッコいいです。
たとえそれがオタサーの姫兼絶賛柏田にアプローチ中の佐倉さんであっても、彼女が困っていれば全力で救いの手を差し伸べる。その結果佐倉さんが柏田にますます好意をよせることになり、恋ヶ崎が敵視する相手に塩を送ることになったとしてもです。

そしてこれらの柏田の行動に対してキレることなく寛容な態度で接する恋ヶ崎がまた可愛い! 高校時代から二人の関係は続いていて、柏田の性格を知り尽くしているだけあって心が広いですね。普通のラブコメだったらここで柏田と恋ヶ崎の関係がこじれて周囲からのアプローチなりがあって二人の誤解が解けることで、さらに距離が縮まるのが鉄板だと思うんだけど、こと『オタリア』に関しては柏田と恋ヶ崎の関係は壊れる様子はまるでない。
むしろ、二人の信頼関係の深さと乳繰り合いをまざまざと見せつけられて胸焼けがする! 彼女と二人でイチャイチャするシチュエーションを周囲の友人たちがお膳立てするのもあってもうお腹いっぱいだよ。もうお前らとっとと結婚しろ!