読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

帰宅戦争 帰りたいんだけど戦争起こしてもいい?

帰宅戦争 帰りたいんだけど戦争起こしてもいい? (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
過去の事件から「青春」や「仲間」というものが信じられなくなった佐藤太郎。そんな太郎が入学した高校は「青春の謳歌」が大正義とされる青春バカ野郎の巣窟だった!?―一人帰ろうとするも襲いかかる部活勧誘の嵐。強引な体験入部の果てに、憔悴した太郎が出会ったのは、半裸のアイドル・椎名凛花で―「あたしと帰宅を目指してみない?」一時的な同盟を組むことになった二人は、同志を募り、帰宅部の設立を画策。が、帰宅部設立の条件には、部活勧誘を切り抜け、校門を突破することが言い渡され―こうして帰りたい太郎たちと青春バカ野郎たちの帰宅戦争がいま開幕する―!!

部活動勧誘の嵐をくぐり抜けるのはまさに戦争。それはもう学校内のあらゆる設備・道具を活用して勧誘する部員の猛攻を回避していく行動力には、これだけ校内で暴れまわってどう収拾をつけるのか心配になってくる規模の大騒動。それだけに、帰宅するもの VS それを阻止するもの の全力でバカなことをしている姿がある意味で青春を謳歌していて新鮮でした。
この帰宅戦争そのものも学校長の容認を得て行われている戦争であるために、全国屈指の部活動強豪校に籍を置く部員なだけに無駄に洗練された強者たちが帰宅するものたちの行く手を阻む強敵として立ちはだかることになるあたり、生徒数を豊富に抱える学校が抱える豊富な人材が成せるわざだと感心せざるをえない。なんで部活動に入らないだけでこれだけ全力で阻止されなくちゃならないのか、深く考えてはいけないんだろうけど、こんなバカなことに全力で打ち込む彼らの若さがなんだか眩しい……

イラストを担当しているちりさんの描くキャラクターも個人的にかなり好みのイラストの雰囲気で、どこかで見たような気がして調べてみたら以前にオーバーラップ文庫でもいくつか担当したことがある方みたいで、なんとなく見覚えのあるイラストだと感じた理由にも納得できました。

ファンタジア文庫の新人賞からは経験則的に毎年1作品はこういったギャグ枠的なのがあって、今回も安定感のある面白さでした。帰宅部メンバーのヒロインたちも個性豊かで、戦争の際にいろいろとハプニングがあってギャグポジションで立ち回っている子もいてゲラゲラ笑いながら楽しめました。