働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

無自覚チートの箱入りお嬢様、青春ラブコメで全力の忖度をされる

無自覚チートの箱入りお嬢様、青春ラブコメで全力の忖度をされる (電撃文庫)

《あらすじ》
不運に不運を重ねた人生を歩み、まっとうな青春を諦めていた琥太郎。そんな彼にも、出会いは衝撃的にやってくる。
「食パンを咥えたまま走るのが夢だったんです! 青春ってそこから始まるじゃないですか!」
妙な絡み方をしてきたのは、「青春」にやや歪んだ期待を寄せる変人のお嬢様・天津風撫子。長い闘病生活から奇跡的に回復して無事高校に入学したという彼女は、琥太郎を巻き込むかたちで「アオハル・パーティ」なる謎部活を立ち上げ、様々な騒動を引き起こしていく。
ところで本人は気づいていないけれど、どうやら天津風が青春を満喫できないとこの世界は滅びるらしい。そしてちなみに、彼女は僕に惚れているとのこと。
 ……つまり、世界の命運は僕次第!?

“食パンをくわえた女の子とぶつかる”まるで恋愛漫画のような展開。
“高校に入学したら何をするのかよくわからない謎部活を立ち上げて入部する”まるで学園ラブコメラノベのような展開。
無意識に願った運命へと因果を捻じ曲げてしまう天津風に惚れられたことで、世界の命運をかけた青春ラブコメが開幕される作品。

謎部活の設立するには規定の人数の入部が必須条件。
世界の因果に影響を及ぼす天津風のもとに集まるのがただの学生の範疇におさまる人間であるはずもなく……
ある者はこの窮地を救うべく未来からやってきて、またある者はとある組織に所属する人間で。
“世界を滅ぼさせるわけにはいかない”と奮闘する主人公たちと、のほほんと青春を謳歌する天津風のギャップ、日常と非日常が交錯したカオスな学生ライフと予測不可能な角度から来る世界滅亡フラグのアホみたいな展開がツボりました。

bookwalker.jp