働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

天才少女Aと告白するノベルゲーム

天才少女Aと告白するノベルゲーム (ファミ通文庫)

《あらすじ》
大好きなフリーゲーム制作者Aに会うため、桜山学園ゲーム制作部に入った水谷湊。しかしAと思われる部長の菖蒲は不登校になっていた。彼女の幼馴染みで学園きっての変わり者由井と、菖蒲が学校に来るよう企画をたてるも不発に終わってしまう。大人しくゲーム作りに励む湊のもとに、ひとつのノベルゲームが送られてきた。『バッドエンドを探せ』と題されたゲームには菖蒲と部員のトラブルが綴られてゆく。これは告発? それとも――。

『彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ 』のときと同じく三田千恵×しぐれういのコンビ。
とあるフリーゲーム製作者に会うために進学先の高校を決めゲーム制作部に入部した矢先に起こる様々なトラブル。真相につながるのは、とあるフリーゲームをきっかけに起こったとされる生徒の自殺騒動だった。

序盤においては、主人公の水谷湊と製作者Aとされる菖蒲の青春ドラマを描いた恋愛系の物語かとも思ったけれど、徐々にゲーム制作部内にただならない雰囲気が感じ取られ、学園ミステリー風の作品に切り替わっていきます。
クライマックスまで読み進めて事件の真相が明らかになってから思い返してみれば「あのシーンの何気ないやり取りはここに繋がっていたのか!?」と納得のいく伏線がいくつか散りばめられていて、とても読後感の良い伏線回収でした。
作り手側が物語のなかにクライマックスに繋がる要素を散りばめる際に、強引にねじ込もうとするとそのシーンだけ物語のなかで浮き彫りになりやすいところをごくありふれた日常シーンのなかに溶け込ませていたので完全に気が付かなかったです。
「そういえば、主人公がゲーム制作部の部員とそんな話をしていたな……」くらいの認識でした。
最後の最後でこれまで主人公が見聞きしてきた事実の点と点をひとつの線で繋げていくことで、『不登校となった菖蒲』『とある生徒の自殺』の真相を導き出しその後の『ゲーム制作部メンバーたちの円満解決』『フリーゲーム製作者Aとの再会』という青春劇のグッドエンドにも繋がっているため、謎が解決された時のスッキリ感と主人公の恋模様の結末のダブルの読後感が得られて最高に面白かったです。

三田千恵さんの作品は『リンドウにさよならを』『彼女のL ~嘘つきたちの攻防戦~ 』などを読んできましたけれど、作家買いができるくらいに良い作品を読める方なのでこれからの活躍もとても楽しみにしています。

しぐれういさんは『幼なじみが絶対に負けないラブコメ』『青春ノイズシリーズ』などを通してイラストを目にしてきましたが、表紙を飾るイラストがどことなく目に留まりやすい構図でキャラクターの絵柄もとても好みです。あとは個人的にVtuberの活動のほうも見ていて面白い人だなと思っています。これからの活躍も楽しみにしています。