読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

異世界魔法は遅れてる!6

オーバーラップ文庫 ラノベ

異世界魔法は遅れてる!6 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
龍人のインルーに襲われた八鍵水明と朽葉初美。インルーの目的は諸国から勇者をさらうこと。転移前の世界での知識をもとに立ち向かう水明だったが、一筋縄ではいかず苦戦を強いられてしまい―。かたや黎二たちは、かつての勇者が使ったという伝説の武具・サクラメントを入手する。その武器はどうやら黎二たちのいた世界の神秘が鍵となるようで…!?解き明かそうとした瞬間、サクラメントを狙った魔将・イルザールに襲われてしまう。窮地に陥る一行を救うため、瑞樹は自らの潜在能力を解放する―!!異世界魔法と現代魔術が交錯する異世界ファンタジー、睡臥より覚める第6巻!

オーバーラップ文庫から刊行される小説家になろう作品のなかでも一番のお気に入り作品!
転移前の世界で魔術師だった八鍵水明が異世界でその実力を際限なく発揮して魔族の精鋭とド派手な戦いを繰り広げるシーンがいつみても最高に熱い。異世界ファンタジーのなかでも異世界魔法の欠点を水明の視点から明確に指摘していくシーンも見どころ。
異世界で現代魔術師としての力を発揮する水明と並行して、勇者として魔族の討伐に向かう黎二と瑞樹の活躍も描かれていて、ふたつの視点から最終的な目標である『異世界からの帰還』にストーリーが収束していくおかげで、1冊のなかでのストーリーの変化があるので常に先が気になる面白さがあって最高でした。それと同時に『水明が魔術を使えることを知らない彼の友人たち』という要素が発覚しないまま彼らの冒険がドンドン進行していくところが、『日夜密かに魔術を駆使して活躍する主人公!』みたいな肩書きに見えてちょっとカッコいい。

そして水明が異世界の各地を巡る旅にフェルメニア、レフィール、リリアナ(全員女性)を仲間に加え、水明の気づかないところで修羅場に突入してヒロインたちの面白いリアクションを引き出してくれるところも楽しみのひとつ。同行する冒険の仲間内での修羅場が勃発しないわけがない!