働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

くすぐり闘士の無魔術乱舞

くすぐり闘士の無魔術乱舞 (ファミ通文庫)

“ゼットー流”―超絶くすぐり技巧によって魔術師の詠唱を妨害し、相手の戦意が喪失するまで情け容赦なくまさぐる―変態と紙一重の指技を使う流派である。ゼットー流使いの少年ソーヤ―“魔力無し”として生まれ、差別を受けてきた彼は、とある理由から魔力を持たないにもかかわらず魔術学院へと入学する。そして、入学早々にソーヤは炎魔法の使い手ルルファと対決することになるのだが!?美少女たちをくすぐり倒す限界ギリギリバトルファンタジー!!

第17回えんため大賞特別賞受賞
魔術詠唱の妨害手段が奇想天外過ぎて、ゼットー流を会得した主人公が魔力を持たない身でどれだけ魔術学院を荒らすことができるのかがかなり気になる。コンスタントに魔法といったファンタジーな要素を盛り込んだバトルものでありながら、戦ったヒロインたちがほぼもれなくゼット流の餌食となって見るも無残な痴態をさらすハメになるところがかなりぶっ飛んでいますね。イラストの雰囲気が内容に沿った人間を当てていることもあってカラー、モノクロの挿絵のほうもかなり際どかったです。
そして一番残念なのが、ゼットー流の餌食になったヒロインが挿絵で登場してくる度に、くすぐりの餌食なる前後でヒロインの理性が崩壊して廃人になっている姿のせいで全然ヒロインに好感がもてないこと! 赤髪熱血系のライバルとか久しぶりに再会した幼なじみとかとイチャコラするのは物語の緩衝剤としてもありなはずなのに、好感を持てる部分が戦闘後にそぎ落とされていく感じがする。
かなりゲテモノな作品なのでちょっと注意が必要ですね。