読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

エンデンブルクの花嫁

エンデンブルクの花嫁<エンデンブルクの花嫁> (ファミ通文庫)

《あらすじ》
「するぞ、結婚!」エンデンブルクの若き国王スレンは宣言した。人魚が制する海の国。エルフが治める森の国。そして強大な帝国。三国に囲まれた小国が繁栄するには政略結婚による持参金と商業同盟しか手段がなかったのだ。かくして娶った人魚のヴィアとエルフのエユランは、両国が誇る美姫だったが、種族間の確執により仲は最悪!しかも夫となったスレンにも頑なな態度で、夫婦円満には程遠く―。美しき花嫁たちと紡ぐエンデンブルク国の物語、開幕!

辺境国の国王スレンが治める国の民たちの平和で穏やかな日常。それを脅かす強大な帝国の悪逆な立ち振る舞いをまざまざと見せつけることで、国力も兵力も圧倒的におとるスレンたちが現状を顧みずに帝国に喧嘩をふっかける展開が最高の盛り上がる!
スレンが国王として近隣諸国との新たな関係を築き上げるために打って出た結婚もエルフと人魚の国のお姫様を同時に娶って文字通り両手に華。辺境国の国王スレンとの結婚を押し付けられたことで最初は険悪な関係だったスレンとお姫様たちとの距離感の縮め方もテンポよく進んでいき(カラーの口絵が全てを物語っているデレっぷり!)、ヒロインの煌びやかな衣装を身に着けた可愛い姿をイラスト付きで楽しむことができて良かったです。

帝国の脅威から逃れるためにただただ搾取される側だった小国があることをきっかけにして帝国との戦いに突入してからの展開は、これまでの雰囲気とガラリと変わって全員が一丸となって異種族の恐ろしさを見せつけてやる! と言わんばかりの猛攻と敵軍の予想の範疇を超えた攻撃がボコボコに決まっていて痛快でした。