働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

精霊幻想記 18.大地の獣

精霊幻想記 18.大地の獣 (HJ文庫)

《あらすじ》
聖女を名乗る六人目の勇者エリカの手によって、ガルアーク王国の公爵令嬢リーゼロッテ=クレティアが拉致された。国王の承認を得てリーゼロッテ奪還に乗り出したリオは、彼女の筆頭侍女であるアリアと共に聖女の追跡を開始する。一方、囚われの身となったリーゼロッテは聖女を国家元首に戴く辺境の小国“神聖エリカ民主共和国”の現状を目にし―…「貴方は誰に復讐したいのですか?」聖女の瞳に灯る熱はやがて業火となり、世界を包み込んでいく!!

hobbyjapan.co.jp

精霊幻想記のアニメ化決定!!
シリーズ第18巻にして累計発行部数120万部突破!!!
これまではハルト以外に召喚された勇者たちとの邂逅やハルトの周囲の女性陣が渦中となる戦いの舞台が中心でしたけれど、暗躍を繰り返す正体不明の人物レイスが裏で画策をしたり、新たに現れた勇者のひとりであり辺境の小国で革命を起こし国家元首となったエリカの登場により物語が新たなステージに進んだ感じでした。
ハルトと親しい間柄であり大切にしたいと思える人も増える一方で、害意をもって接してきて刺客を向けてくる人物や明確に殺意をぶつけてくる機会もあるなか、徐々にではあるけれどハルトひとりの手では守り切れないものも増えてきている様子が緊迫した展開に繋がっているところが良いです。そんななか、ヒロインが窮地に陥った状況をハルトがこれまでの鍛錬の積み重ねて得た力をフルに活用して救い出す展開が最高にヒロインにとっての王子様ムーブに映えていて、好意を寄せられるのもしかたないくらいにカッコよさが際立ってました。
回を追うごとに主人公のイケメン指数が跳ね上がっていって、あれだけのヒロインに囲まれていながらも平穏に過ごしつ好意を向けられて楽しく談笑をする姿にとても癒されます。

シリーズ第18巻はハルト VS エリカの対戦カードで異世界からの人間同士で周囲を寄せ付けない圧倒的な力と力のぶつかり合いのバトルが手に汗握る展開で目が離せなかったです。
やはり異世界から召喚された勇者には一癖も二癖もある能力があるだけになかなかの苦戦を強いられる展開になっていましたけれど、それを掻い潜って勇者を打ち破ろうとするハルトの戦いぶりが熱かったです。
まだまだ神聖エリカ民主共和国が起こすであろう火種はくすぶり続け、これから先のハルトの日常がどのような展開を迎えるのか続きが楽しみです。

bookwalker.jp