読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ありふれた職業で世界最強 4

ありふれた職業で世界最強 4 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
誤解を残したまま勇者一行と別れを告げたハジメたちは、中立商業都市フューレンに舞い戻る。冒険者ギルドにてユエたちのステータスプレートを入手したハジメは、一時の休息を取ることに。愛子を救ったシアへお礼も兼ねて、ハジメは二人でフューレンの観光区デートへ向かう。しかし、そこでもハジメはトラブルに巻き込まれてしまい―。成り行きで裏の組織と全面抗争の末に、ハジメは海人族の子供・ミュウを救い出すが…!?「そのお兄ちゃんってのは止めてくれないか?」「…じゃあ、パパ」最強の少年が幼女のパパに!?“最強”を歩む異世界ファンタジー、第4巻!

オーバーラップ文庫の数あるweb小説書籍化作品のなかでもトップクラスに面白いと断言できる異世界召喚ファンタジー作品!
奈落の底での地獄を潜り抜けて生還を果たした“南雲ハジメ”の人間を超越した化け物染みた強さと、異世界の様々な街を闊歩するなかで発生する些細なトラブルを三人称視点でコミカルに書かれているところとかは最高ですね。そのおかげで、1冊に詰め込まれた南雲ハジメの異世界での日々を見ているのが常に楽しくて、ページをめくる手が止まりませんでした。かなり個人的な感想を言えば、読み終わるまで休憩なしで数時間ほぼぶっ続けて読んでいられるくらい没頭できました。

それと、1巻からかねてより物理的距離がおかれていた“南雲ハジメ”と“白崎香織”が満を持して再会するとあって、長い月日を経て一変した性格とハーレムを形成している光景を目の当たりにしたときどんなリアクションに持っていくのかが凄く楽しみだったけれど、予想以上に盛り上がることになって大満足。
次回はハジメたち一行のどんな掛け合いが楽しめるのかが非常に楽しみです。