働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

聖樹の国の禁呪使い 7

聖樹の国の禁呪使い 7 (オーバーラップ文庫)

《あらすじ》
ノイズ・ディースを下し、自らとキュリエの因縁に決着をつけたクロヒコ。平穏を取り戻した日々のなか、聖遺跡攻略の代替案として、聖樹士候補生たちによるトーナメント形式の武闘大会『聖武祭』の開催が決定する。ただし、コロヒコとキュリエは四凶災を倒したことにより、参加が認められず―。『聖武祭』の優勝候補である生徒会長ドリストスと風紀会長クーデルカに出会ったクロヒコは、それぞれに模擬試合を申し込まれてしまい…!?「わたくしとも戦っていただかないと、少々不公平だとは思いませんこと?」新たな出逢いを果たす異世界バトルファンタジー、第7巻!
聖武祭』編、開幕!

トーナメント形式の武闘大会『聖武祭』とくれば、ここは王道で禁樹使いのサガラクロヒコ、第6院出身のキュリエ・ヴェルステイン、セシリー・アークライトを筆頭に繰り広げられる激闘を満喫できる……、ということにはならず、『四凶災』を倒した実績を込みしてクロヒコとキュリエは特例で参加枠から除外。

シリーズ第7巻まで軌道に乗ってくると、少し自由度が上がって王道の展開から逸れて別角度から話が展開する節もあるからかなり新鮮な感じがしました。
異世界バトルファンタジーなら『これまでの強敵との戦いで死線を潜り抜けてきたなかで身についた経験と実力が、学院トップクラスの実力者たちと同じ舞台にまで上り詰めて、トーナメントという形でバトルを楽しめる』が正道……、そこを「お前ら(クロヒコ&キュリエ)強すぎるから今回はでないで、成績はもちろん最高評価な」のスタンスでサラッと流すあたりがこの二人のとびぬけた実力を物語っていました。

クロヒコとキュリエにリソースを割かない分は、二人と同じフィールドに立つために切磋琢磨しているセシリーと、度々登場するアイラ・ホルンにスポットが当てられいて、二人の成長と心境の変化がガッツリ盛り込まれているトーナメント戦を繰り広げていて面白かったです。
それにしても最近は、セシリーのクロヒコに対するアプローチがかなり積極的で感情をストレートに言葉にするようになったのもあって、クロヒコとキュリエの乳繰り合いだけで満腹感がある。

そんな聖武祭のひとときも平穏なままで終わることなく、クロヒコたちの前に新たな敵が立ちはだかることになったわけだけど、次回はいったいどうなるのやら。クロヒコが禁呪の代償で徐々に取り返しのつかない状況に足を踏み入れつつあるし、いつの日かクロヒコ VS キュリエ&セシリーの仲間同士の対戦カードももしかしたら実現するんじゃないか? それこそクロヒコの中に眠る力が暴走して自我を失うとか……、もしもそんな展開になるまで刊行が続くのなら是非読んでみたいな。

聖樹の国の禁呪使い 1 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 1 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 2 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 2 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)

聖樹の国の禁呪使い 3 (オーバーラップ文庫)