読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)

《あらすじ》
「僕、都会に行ってみたいんです! 」
村人誰もが反対するなか、軍人になる夢を捨てきれず王都へと旅立った少年ロイド。しかし村で一番弱い男と言われる彼を含め、村人は誰一人として知らなかったのだ。自分たちの村が、高レベル冒険者でも恐れる『ラストダンジョン手前の人外魔境』なんて呼ばれている真実を。そこで育ったロイドは……身体能力ばつぐん、古代魔法も完備、おまけに家事のスキルもパーフェクト!!
「な、何者なんだ、あいつは……! 」
「ロイド君、本気出しちゃだめよ?」
これは、自分の強さに気づかない少年が、『本当の強さ』に目覚めゆく勇気と出会いの物語――。
第8回GA文庫大賞《優秀賞》受賞の痛快ファンタジー、開幕!!

何故か街を進むにつれて宿屋の代金が微妙に高くなったり、主人公が最初にいる街の武器・防具の質がゴミカスだったり。そんなRPGのお約束にあえて真正面からツッコミを入れて『もしもラストダンジョン手前の街に住んでる少年が冒険に出たら……』、そんなもしもを突き詰めた痛快ファンタジー作品。
ラストダンジョン前の村で最も非力な少年の低すぎる自己評価と、ロイドに秘められた力の一端を感じとった人間の間に存在する決定的なすれ違い。
これが読者視点になると、ロイドと彼の周りにどんな認識の齟齬が生じているか全貌が把握できているため、よくもこれだけ綺麗にすれ違ったまま会話が進行すると感心したくなる。あらためて、『思ったことは口にしないと相手に伝わらない』という事実を認識しました。

そんなすれ違い生んだ痛快ファンタジーも、痛快でコミカルな流れにもっていくまでがトントン拍子に進んでいくためにとても読みやすい。流れるようにロイドの日常が彼の周りの人間も盛大に巻き込んだ波乱の連続で見ていて飽きない。

ギャグ要素強めの痛快ファンタジーで、稀に見る独特な地の文がネックになるかもしれないですけれど、概ね新人賞受賞作品としては文句なしのクオリティ。強いてあげるとすれば、ボケ担当のロイド君以外がこぞってツッコミポジションにまわるために、深刻なボケ不足とマンネリを感じ始めたときのストレスが発生することだけですが、その辺は2巻のロイド君次第なのでどんな展開になるのか楽しみです。