働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する 【電子特典付き】 (講談社ラノベ文庫)

《あらすじ》
数多くの偉大な魔術師を輩出してきた名門、アーノルド魔術学院。
少年レイ=ホワイトは、学院が始まって以来で唯一の一般家庭出身の魔術師として、そこに通うことになった。
周囲は貴族や魔術師の家系出身の生徒たちばかりの中、彼に注がれる視線は厳しい。
しかし人々は知らない。
彼が、かつての極東戦役でも数々の成果をあげた存在であり、そして現在は、世界七大魔術師の中でも最強と謳われている【冰剣の魔術師】であることを――。
枯れた魔術師と軽んじられながらも、やがて彼はその力を周囲に示していき……!?
これは、凍てついた規格外の天才がその冰を溶かしていく物語――。

貴族や魔術師の家系の出身の生徒たちが集い血統至上主義の考えが根付いている魔術学院に、ある日一般家庭出身の主人公が通うことになる。
かつて、世界最強と呼ばれ、七大魔術師の一人である主人公が極東戦役の後に学生としてアーノルド魔術学院へと通い、同年代の仲間たちと日々を過ごしていくなかで大切なものを見つけていく。
最強の魔術師がわけあって力を制限されているなか、学院でその力をぶつけていく熱い展開が魅力的な王道の学院ファンタジー作品といった感じでした。

もともとはWeb小説が原作でそれを書籍化した作品ということでしたが、それを微塵も感じさせない綺麗に構成された物語に、魔術理論などのこだわりのあるところは丁寧かつ細かい設定が目立っていてとても読みやすかったです。
そこに人気イラストレーターの梱枝りこさんをぶつけてきたら、物語も良いしイラストも良いので最高の作品しかできあがらないです。

冰剣の魔術師の強さを知る由もない貴族のボンボンが「一般家庭出身の雑魚が舐めてんじゃねーぞ!!」とイきり散らしているところモブを心の底から叩きのめすお約束も痛快で気持ちが良かったです。

2巻ではどんな物語になるのか楽しみです。