働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ロクでなし魔術講師と禁忌教典18

ロクでなし魔術講師と禁忌教典18 (富士見ファンタジア文庫)

《あらすじ》
『ありがとう、グレン。私はお前に出会えて幸せだった』その書き置きを残して、セリカは消えた。“剣の姫”エリエーテが帝国軍を圧倒し、天の智慧研究会が総力をあげてフェジテの街へと迫ろうとしていた日。彼女は自らの使命を思い出す。帝国宮廷魔導士団、魔術学院の教師や生徒たち。誰もが己のできることを信じ、防衛準備を進めるなか、崩れそうになるグレンの心。セリカを止めるなら今しかない。それでも―「俺は…教師だ。だったら、あいつらを…守ってやらねえと」決断のときは迫る。倒すべき大導師が姿を現し、明かされる禁忌教典の謎。最後の決戦が、ここに始まる―!

世界が滅亡へと向かう窮地。母親代わりに長い時間を一緒に過ごしてきたセリカの失踪。天の智慧研究会の侵攻。
全て展開に物語がクライマックスに向けての助走を印象付ける雰囲気があり、正義の魔法使いに憧れていたグレンがこれまで幾度となく選択を迫られる場面で「一を切り捨てて九を救うか」「十の全てを救うか」について特務分室時代にもあったと思い余す。それがここにきて、「セリカという1人を救うか、システィーナたちと共に世界を救うか」の二者択一を迫られ、世界の窮地という最大級のピンチを目の前に究極の選択肢が与えられていて、途方もない苦悩に頭を抱えざるをえない心境がこれまでのシリーズを通じて交友を深めてきたキャラクターが対象になっているだけに物凄く伝わってきました。
グレンを筆頭にした強敵として立ちはだかる魔術師たちとの激闘を繰り広げてきた手に汗握る熱い展開と打って変わってキャラクター同士の人間ドラマを描いた物語となっていて、これまでのシリーズにはない学院の生徒たちや特務分室の仲間たちとの間の絆や友情が描かれていて、シリーズの集大成が詰まっているような会話が繰り広げられていて感動できる1冊になっていたと思います。

ロクでなし魔獣講師シリーズは1巻の頃から全く勢いが劣ることなく最高の作品であり、これまでイラストを担当してきた三嶋くろねさんが最高のシーンを最高のイラストで仕上げてきた最高の作品なので、まだ読んだことのない人にも1巻から是非とも読んでほしい作品です。

bookwalker.jp
ロクでなし魔術講師と禁忌教典(富士見ファンタジア文庫)(ライトノベル)の電子書籍無料試し読みならBOOK☆WALKER