働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

おことばですが、魔法医さま。(2) ~異世界の魔法は強力すぎて、現代医療に取り入れざるを得ませんでした~

おことばですが、魔法医さま。(2) ~異世界の魔法は強力すぎて、現代医療に取り入れざるを得ませんでした~ (電撃文庫)

《あらすじ》
魔法医療だけが発達した異世界に召喚された、優秀な医学生の伊坂練次郎。魔法だけでは治せない患者を持ち前の知識と技術で助けてあげたりと、この世界に現代医療を持ち込み大活躍してから早二ヶ月が経過。伊坂は今、魔法医コーディ、錬金術師リアとともに隣国へ向かう船の中にいた。武国グリムヒルの国王が病に臥し、医療の助けを必要としている―そう知らせを受け、砂の海を行く一行。しかしグリムヒルは社会に病をもたらす悪魔の獣―ネズミの攻撃を受けていて…!?現代科学医療×異世界魔法医療で贈る、異世界医療革命譚、第二弾!!

魔法医療だけが発達した異世界でビタミンCやビタミンB1が不足して発症する『壊血病』や『脚気』の概念を訴えたところで、それを信じてもらうことがどれだけ途方もないことか。現代の科学技術により解明された患者の病態に対する解決策として食事の摂取を提案したとしても、魔法医療だけの世界ではむげに却下される始末。

異世界に召喚された医学生の伊坂練次郎と異世界の魔法医コーディが協力して、異世界魔法医療と現代科学医療を融合して異世界の医療に革命を起こしていく光景には鳥肌が立ってしょうがない。

現代の科学医療について信じてもらえない現状を打開するために、とにかく相手の信頼を勝ち得ようとする練次郎のアプローチには、「現状で解決の糸口はそれしかない……」としか思えないくらいに地道なもの。もっとも、99%は自分の出した診察結果に自信を持っているから、ある種の無謀な賭けに出られるのだろうけど、もし砂漠船での一件が誤診だったら(冷や汗

1巻のクライマックスが『インフルエンザ』が蔓延した都市でで、異世界魔法×現代医療で巨大な卵からワクチンを製造する結末というファンタジー世界で医療ものらしい結末だったけれど、今回も実に医療ものらしいハラハラする急展開でした。
まさか、ここまでネズミが厄介極まりない存在に成り上がるとは……。異世界医療魔法と現代科学医療の要素を上手く調和させた作品としても、ひとりの医療従事者として読んでいる自分にとっても存分に楽しめる作品でした。