働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する

宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する : 7 (モンスター文庫)

《あらすじ》
「苦情?バルベールから?」年越しの宴の興奮も覚めやらぬ中、カズラとジルコニアは領主ナルソンから隣国バルベールに関する報告を受けていた。曰く、バルベールの国境沿いの村が1つ、完全に破壊されたらしい。バルベールはこの襲撃をアルカディア人の仕業と決めつけ、賠償金を請求してきたのだ。休戦協定の中、かつてない緊張をみせる両国。そしてカズラの胸には、すっきりしないものがうずまいていて―。「小説家になろう」発、異世界救世ファンタジー待望の第七弾。

モンスター文庫からの出版作品のなかでもトップクラスにお気に入りの異世界ファンタジー作品。
日本と異世界をつなぐルートに隠された秘密も少しずつ明らかになりつつあり、カズラの周囲でひそかに行動している謎の多い登場人物も現れ始めて気になるところ。カズラと何らかのつながりのある人物であることを臭わせているところから日本の関係者なのか、はたまた全く別な方向からの新勢力なのか定かではないけれど、カズラと謎の人物の邂逅が果たせれば、大きな転機が訪れそうで今後の展開に期待が持てる。
何よりも、新たな女性の影がチラついてきていて、自分としては修羅場展開は大歓迎なのでドンドン火に油を注いでもらいたいかぎりです。

バレッタとリーゼの間にある競争も徐々にヒートアップしてきていて、カズラのあずかり知らぬところで様々な衝突が起き、異世界を救うことそっちのけで激しい論争を繰り広げていました。バレッタに好意を寄せる人物との波乱が、異世界救世の道に大きな火種を生んで、より困難な道のりになったのは避けようのない事実だけれど、早いか遅いかの違いで本質的にはそこまで大きな影響はなさそう。

なろう小説独特の冗長な流れが多くあるけれど、基本的にキャラクター同士の掛け合いが面白いことと究極的には領地の経営に関連する事項を煮詰めることに繋がっているので、読み応えがあってなおかつ面白い。あとヒロインがメッチャ良い娘で可愛いです。