働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦2

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦2 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
帝国とネビュリス皇庁が争う戦場で、運命の邂逅を果たした帝国最強の剣士イスカと皇庁の魔女姫アリスリーゼ。「こんな騒がしいカジノに、アリスがいるわけないか」「大当たりを出したって、彼に会えなきゃ意味がないのよ」互いに再戦を求め、すぐ近くにいながらも、二人は偶然か必然か、すれ違いを続けていた。しかし、敵対する少年少女の運命は戦場でこそ交わる。星脈噴出泉―この永き戦争の元凶。これを巡る任務に参戦することになった二人。その戦場には、決着を求める彼らの高潔な想いだけでなく、帝国・皇庁それぞれの陰謀が渦巻いていて―。

敵対する少年少女が秘める想いのたけを打ち明け、決してかなわぬ恋に走って泥沼のラブコメ劇を演じたら、間違いなく今作のメインヒロインは恋愛脳に変わってポンコツ化しそう。
これだけ戦いの火種が勃発している世界で戦場を転々と渡り歩く身でありながらも、数刻の間でも平和な街を練り歩けば瞬く間に恋愛脳を垂れ流してラブコメ展開に突入。あの冷徹な魔女姫アリスリーゼのギャップ萌が抑えきれないくらいに可愛くて、全体に占めるラブコメの比率は圧倒的に少なくても、その希少性とインパクトの強い展開が殺伐とした世界におけるひとときの清涼剤に感じられて癒される。

小学生並みの頭の悪い感想でまとめるなら『アリスリーゼ可愛い!!』『お前ら付き合っちゃえよ!!』『バトルが熱い!!』で全てを表しきれると思います。
このファンタジア文庫が生みだした名作が完結を迎えるころに、帝国最強の剣士イスカと皇庁の魔女姫アリスリーゼの関係がどう変貌していくのかが死ぬほど楽しみです。