働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

戦闘員、派遣します!

戦闘員、派遣します! (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
世界征服を目前にし、更なる侵略地への先兵として派遣された戦闘員六号の行動に『秘密結社キサラギ』の幹部達は頭を悩ませていた。侵略先の神事の言葉を『おちんち○祭』と変更するなど、数々のクズ発言。さらには自らの評価が低いと主張、賃上げを要求する始末。しかし、人類と思しき種族が今まさに魔王軍を名乗る同業者に滅ぼされると伝えられ―。「世界に悪の組織は2つもいらねぇんだよ!」現代兵器を駆使し、新世界進撃がはじまる!!

このすばのカズマさんに匹敵するクズ主人公。そして、魔王軍との緊迫した戦闘を演じている雰囲気のなかでもナチュラルにギャグ展開に運んでいく手際、個性が突出し過ぎて扱いに困るメンバーが自然と集まってくる運命力。このすばの持ち味を完全に引き継いだ完全新作には大いに笑わせてもらって、期待できる暁なつめの新シリーズです。

どのキャラクターも状況に応じて“真っ当なキャラクター”にも映り、“ボケキャラクター”にもなれるし、“ポンコツ”にも変わる。これら3つの要素を転々とさせることで、ある場面においてはごくごく当たり前の意見を述べる真っ当な人物像になるのに、ふとした拍子に戦闘で何の役にも立たない邪魔者に成り下がったり。むしろ味方をピンチに巻き込むフレンドリーファイアをぶちかましたり。
毎日がトラブルと騒動と魔王軍の侵攻に晒され過ぎて、終始飽きることのない主人公たちの姿が読んでいてとても楽しい。

また、イラストレーターを務めるカカオランタンさんの描くキャラクターのイラストは、モノクロイラストが凄く丁寧に仕上がっていてカラーの口絵とほとんど遜色のないクオリティで素晴らしかった。イラストのなかのキャラクターに躍動感があり、とてもイキイキとしている雰囲気があってよかった。このイラストレーターを抜擢した編集者は控えめにいって最高だと思います。