働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた (MF文庫J)

《あらすじ》
心は両想い。なのに――本音が隠れすぎてて結ばれない!?
完全無欠な優等生だが、高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの生徒会長・氷室涼葉。そんな彼女に想いを寄せる副会長・田島愛斗は、ある日彼女の言葉の裏に隠された“本当の気持ち”が聞こえるようになっていた!そんな涼葉の本音―それはなんと、あの辛辣でキツい態度や毒舌の何もかもが建前で、本当の彼女は愛斗にべた惚れだったのだ!お互い両想いとわかって喜ぶ愛斗。解答付きの恋愛ならハッピーエンドなんて楽勝だよね!ということでさっそく告白をしたものの…断られちゃった!?MF文庫Jが贈る、答えがわかっているのにすれ違っちゃう捻れ系青春ラブコメ開幕!

bc.mediafactory.jp

青春ラブコメもまだまだ捨てたもんじゃない!
ことの発端は神様から授かった『生徒会長:氷室涼葉の言葉の裏に隠された本当の気持ちを聞き取れる』能力。副会長の田島愛斗との言葉のやりとりが常に毒舌だけど、その内心が惚れ惚れするくらい恋愛に奥手のヘタレポンコツヒロイン。そして、「(よし、ここはひとつハッキリと伝えるぞ!)」と意気込んだ大事なシーンの時に限って、涼葉の根っからのヘタレキャラが災いして言葉足らずなまま相手に伝わってしまい綺麗なアンジャッシュコントが生まれる。メインヒロインで優等生キャラなはずなのに愛斗とのやり取りは常に頭のなかはお花畑で自分のやらかした失態に絶叫の連続。ギャップ萌えの見本になるようなメインヒロインでした。

涼葉の本音を包み隠さず聞き取ることができるのだから、主人公である愛斗の視点からだと両想いが確定で順調に恋人関係をスタートさせることができる……、はずなのに。ヘタレポンコツヒロインの涼葉が愛斗の一世一代の告白を振ってしまう珍事が発生。そもそもが愛斗の良心で「自分から涼葉に手を差し伸べてあげる」ことで、あとはオーケーするだけというシチュエーションを作ってあげたのに、それをぶち壊す展開にはさすがに笑いを抑えきれなかったですw

青春ラブコメは既にジャンルとしても確立されていて長年数多くの作品を読んできたけれど、物語の土台になる部分に一捻りを加えるだけでここまで面白いものを生み出すことができるのかと改めて実感しました。
これは文句なしにおすすめしたい作品なので、まだ読んでいない人もしくは買っていない人には是非おすすめしたいです。