働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン

ゴブリンスレイヤー外伝:イヤーワン (GA文庫)

《あらすじ》
姉が姉でなくなってから三日が過ぎた。だから彼は動くことに決めた。ゴブリンの襲撃で、最愛の姉を、村を喪った少年がいた。五年後、辺境の街の冒険者ギルドに訪れた少年は冒険者となる。そして、五年前、帰る村をなくした少女は、かつての幼なじみと出会った。最下級のクラス、白磁級となった少年は装備を調え、たった一人でゴブリンの巣くう洞窟へと向かう―。これは、彼がゴブリンスレイヤーと呼ばれるようになる物語。大人気ダークファンタジー「ゴブリンスレイヤー」の前日譚。蝸牛くも×足立慎吾が贈る外伝「イヤーワン」スタート!


TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』第1弾PV

アニメ化も決まっているゴブリンスレイヤーの外伝作品であり、ゴブリンスレイヤー冒険者になってはじめて挑んだゴブリン討伐の全貌や彼の生い立ちや牛飼娘との出会いが書かれていて、ファンにとってはたまらない内容でした。

ゴブリンスレイヤーが行うゴブリン討伐に向けた事前準備への徹底ぶりは、本編を読めば嫌というほどわかるので割愛(女神官と妖精弓手がいつも辟易する内容です)
今では銀等級まで上り詰めたゴブリンスレイヤーですが、はじめの頃もそれなりに準備に余念がなかった彼もまだまだ未熟で、自らが犯した失態が原因でピンチに陥ることもしばしば。そんな過去に犯した失敗の数々が、本編シリーズ中でゴブリンスレイヤーが仲間たちに指示した内容と合致している部分があって、彼の成長の一端を感じられました。

ゴブリンスレイヤーと受付嬢との出会いにおいても、彼の寡黙なキャラクターと周囲とはズレた独特の価値観が妙なところで起爆剤となり、ギルドで繰り広げられる騒動の一端となったり。本編の内容が一通りインプットされた状態で読んでみると、過去と現在の違いについてハッキリと認識することができて、ゴブリンとの壮絶で悲惨な戦いが売りのダークファンタジー世界のなかに一つまみのコメディタッチな展開が意図せずに組み込まれていますね。もうゴブリンスレイヤーさんの言葉少ないキャラは天然で過ぎて好きです。

アニメ版では外伝の様子を映像化するのかは全く未知ですが、ファンの目線から見ても外伝の内容はあってもなくてもそれほど影響を及ぼさない内容なので、本編シリーズが十分に楽しめた人にこそ読んでもらいたい作品です。