働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか2

ASIN:4040726200
f:id:murabito1104:20180521002538p:plain

《あらすじ》
謎の転校生、街田好乃さんは魔光少女だ。(すごく美人!)またまた正体を知っちゃった僕は、“男に惚れられてはいけない”彼女の身バレペナルティ達成のため、お助けキャラとして奮闘!―って、「好乃さん!むやみに男子の手を触ろうとしない!!」どうやら彼女は無自覚な超弩級のモテ体質。さらに庄川さんのお助けキャラも兼任中。…無理ゲーじゃない?しかも好乃さんと一緒だと、プールに合コン、リア充イベントが発生しがち。庄川さんもなぜか毎回ワンチャン狙ってくるし…え?焦ってる?いやいや、お助けキャラが嫉妬されるわけないじゃないですか。無自覚拡大の勘違いラブコメ!

主人公である平地護常にプロポーズを(した記憶はないけど)されたと勘違いしている“魔光少女”の庄川真帆。正直、1巻での現状を正確に把握できている自信はないですが、おそらく間違っていないかと思います。
そこに、新たな“魔光少女”である街田好乃の登場で、三人の間での勘違いラブコメも目まぐるしく動いていてとてももどかしかった。

「なぜ、この場面でそんな結論に至るの!?」。読者視点で全貌を把握しつつ登場人物視点で認識の齟齬が生じている光景を眺めると、あと一歩でかみ合わない流れを訂正したくてしょうがない。頼むから突っ込ませて欲しい。

腐女子の里崎とクラスメイトの空橋においては、ほぼサブキャラクターに徹しており、焦点を三人に絞ったラブコメがメイン。
なお、里崎に関してはクラス内でのやり取りから腐女子キャラに紐づけて1巻での概ねのポジションを掴むことができたけれど、空橋に関しては勘違いの流れを想起させる明確な属性がなくて終始読み方に困るキャラクターでした。うすぼんやりとはイメージができるけれど、里崎に比べればキャラクターの印象が少なかったです。新刊までの空白期間でどうしても記憶が薄れるのでこれはしょうがないことですし、あくまでも個人の感想ですけれど全体的な作品の満足度にはそれほど直結するものではなく、多少気になる程度のものです。

前述のとおり、平地と庄川と街田の三人に焦点を絞ったラブコメがメインで物語で動いていたわけですが、偶然の産物として『平地さん。庄川さん宅でご両親へあいさつに行く』『平地さん、街田さんとプールにデートに行く』『デート現場で庄川さんとばったり会う』の三本立てで、間違いなく面倒くさくなりそうなネタが満載でメッチャ面白かったです。クライマックスにはこれまた爆弾発言でクラスメイトを騒然とさせていて、3巻フラグがばっちり建ちました。今度はいったいどんな展開になるのか楽しみです。