働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

彼女できたけど、幼馴染みヒロインと同居してます

彼女できたけど、幼馴染みヒロインと同居してます (ファミ通文庫)

《あらすじ》
修学旅行の最終日、伝説の告白スポットでの告白大会のすえ、相生夏は転校生の亀島姫乃の思いに応えた。ハッピーエンド! 勝ちヒロイン確定! ――でも、日常は終わらない。家がお隣→世話焼き姉さん→同居ルートに入っていた幼馴染みヒロイン真形兎和は、まだ普通に家にいる。しかも告白大会の日にようやく自分の気持ちを自覚したという兎和は、むしろフルスロットルでイチャイチャをしかけてくる。いやいや、僕にはもう姫乃というかけがえのない彼女がいるんだ――フラれた幼馴染みヒロイン、フった僕、選ばれた勝ちヒロインが織りなす、いちゃいちゃとドキドキのハピエンafter三角関係。

極度のコミュ障ヒロイン“亀島姫乃”告白に応え恋人同士、幼馴染みの世話好きヒロイン“真形兎和”の告白には応えることはできず……
それでもフラれた幼馴染みはあきらめることはできずに想いは残り、これまでどおりの距離感で家族同然の距離感で接してくるので、『彼女ができたのに幼馴染ヒロインとまるで恋人のように仲良くイチャイチャする』不思議なシチュエーションが生まれ、勝ちヒロインと負けヒロインが明言されているのに三角関係が構築される不思議なラブコメ作品でした。

ここまでフラれたヒロインの存在感が前面に推しだされてくると「じゃあ、勝ちヒロイン“亀島姫乃”の存在価値はいったい何なんだ?」と思えてきます。
コミュ障キャラクターが強すぎて主人公との絡みに肩透かし感があり亀島姫乃が存在することで紡がれる物語があまり楽しめませんでした。
そう感じてしまうのも、幼馴染みの関西弁多弁キャラとまるで謀ったように主人公が彼女と恋人らしい行為にふけっているときに乱入してきて修羅場ることが原因だったのかな。幼馴染みのキャラクターやフラれたゆえの言動や心境は、シンプルに数々の屍を積み重ねてきたラブコメ作品の幼馴染みヒロインが死してなお逆境を乗り越えた先にみせるアクションに思えてきて新鮮でしたけど、どうしても勝ちヒロインのほうが霞んでくる。

もしかしたら人によって好みがわかれる作品なのかなと思います。個人的には単巻完結の『オミサワさんは次元がちがう』や『だからお兄ちゃんと呼ぶなって!』が記憶に残る良作だったのでそちらをオススメしていきたいです。

bookwalker.jp