働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

あまのじゃくな氷室さん4 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

あまのじゃくな氷室さん4 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた (MF文庫J)

《あらすじ》
両想いは結ばれても長続きしないという『恋来祭り』の裏ジンクスを回避した愛斗に、涼葉は次のステップへ進むべくその小さな勇気を振り絞って、恋人関係を約束する「恋約者」のテストを提案した。そして「私からも田島君に何かしてあげたいな」と、愛斗のためにツンデレ大作戦の決行する!?一方、そうして涼葉が奮起する裏では、愛斗と雅がクラスの方で間近に迫った学園祭の模擬店準備を進めていた。そこへなんと運命を司るという女神・ランラが登場し―衝撃の事実が判明する。ナンナのせいで運命がねじ曲がったけど、実は雅が愛斗と結ばれるはずの運命の相手だった!?MF文庫Jが贈る、捻れ系青春ラブコメ第4弾!
両想いの相手vs運命の相手――愛斗と距離を縮められるのはどっち!?

まず始めに、先日発売されたこのライトノベルがすごいでランクインを果たした人気の学園ラブコメ(らしい)です。
最後まで投票するか悩んだ末、他の作品を選んでしまったことをとても後悔しています。同時に、新人賞受賞作品がデビューからここまでの功績を残していることに感動もしています。
このラノを交えた感想は以上になります。

シリーズ第4巻の内容に関しては、これまで氷室×田島の学園ラブコメが最前線だったのが一転、新たな女神の登場で砂城×田島が結ばれる運命ルートが誕生したことにより、死ぬほど悶え苦しむはめになりました。まさか女神の介入がなければ氷室の好意が田島に伝わることはなく、砂城と交際に発展して結婚し3人の子供に恵まれる未来が正規ルートだったなんて……。ラブコメ信者からしたら、あまのじゃくな氷室の想いが伝わって田島と結ばれることを心待ちにしていたはずなのに、勝算の薄い横恋慕にあえて挑む健気な砂城が正妻だと知らされて、メインヒロインがわからなくなりました。
誰かを選ぶことは誰かを選ばないということ。そして、その選ばれなかったヒロインの行く末を憂いてしまうと、砂城と氷室が田島と時間を共有する何気ない日常の光景に切なさを感じてしまいます。
物語としての結末が純粋に楽しみな作品でもありますので、今後の展開が非常に気になります。個人的にイチオシの学園ラブコメですのでおすすめです。

イラストレーターのうなさかさん。素晴らしいイラストをありがとうございました。個人的にはモノクロのラストのカットが一番印象的なイラストでした。表紙のカラーイラストは氷室と砂城のダブルヒロインでどっちも最高に可愛かったです。