働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

あまのじゃくな氷室さん2 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた

あまのじゃくな氷室さん2 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた (MF文庫J)

《あらすじ》
高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの氷室涼葉。そんな彼女の“デレデレな本音”が丸聞こえになってしまった田島愛斗は、想いを寄せる涼葉の本音と建前に振り回されたものの、晴れて『友達』となり関係は一歩前進。だが愛斗にはクラスメイトのギャル・砂城雅がいつも近くにいて―焦る涼葉は「両想いの友達の方が上よ!」と見当違いに張り合ってしまい、結果的にいつものこじらせたあまのじゃくっぷりを発揮する。そんなところも愛斗は嬉しく、微笑ましい気持ちで日々を過ごしていたのだが―二人の下へ新たな火種が…!?「生徒会書記の相沢波瑠。今日から頑張っちゃいます!」MF文庫Jが贈る、捻れ系青春ラブコメ第2弾!
両想いの友達って特別な存在よね――と油断する氷室さんにライバルが!?

毒舌生徒会長の氷室涼葉が抱える本音はベタぼれなのに“両想いの友達”の関係でストップ。あと最後の一押しで氷室が正直に気持ちを打ち明ければゴールインなのに、どこまでもヘタレなヒロイン。成績優秀な生徒会長も恋愛方面では完全にポンコツといっても過言ではないと思う。

氷室が関係の進展に一歩も踏み込まないなか、田島のクラスメイトの砂城と勉強会などを通して接点も増え、誰の目から見ても“修羅場の火種が成長しかけてる”は明らか。そしてこれまでと変わらず、毒舌生徒会長の氷室とギャルの砂城の相性は水と油。砂城にとっては田島がなぜ氷室に固執するのか理解できない事実に拍車をかける。
しかし、『田島と氷室は両想いであり、砂城が田島に好意を抱いている』ことを前提に物語を読んでいくと、『あまのじゃくな氷室さん』という作品が育んできた独特のシチュエーションを活かしたラブコメの持ち味があってとてもユニークなラブコメに感じられます。

2巻のエピローグも3巻へのつながりを示唆する急展開で幕を閉じていることからも、十分な売り上げが見込まれていて期待が持てる作品であるので、まだ読んでいないという方は是非手に取って読んでみてください。
ブコメとしては至高の一品です。


※妹を攻略するのも大切なお仕事です。

※妹を攻略するのも大切なお仕事です。 (MF文庫J)

《あらすじ》
ラノベ編集者の賀内亮二には、絶望的なくらい仲が悪い妹・涼風がいる。昔は「お兄ちゃんに初めてをあげるね?」なんて危ない約束をするほど可愛かったというのに、今では「お兄ちゃん」とすら呼んでくれない。けど、編集者の仕事は妹を忘れさせてくれるほど容赦無い。そう、アニメ化もした人気作のイラストレーターが病気で降板してしまった今なら特に!必死で後任を探すがなかなか見つからず、そんなある日、賀内は大人気エロゲのイラストに一目惚れし、その原画家に仕事の依頼をする―が、打ち合わせの場に現れたイラストレーターは、未成年で妹の涼風だった!?世界一仲が悪い兄と妹を巡るライトノベル×ラブコメ、ここに開幕!

人気ライトノベルイラストレーターの代役に抜擢され、処女作がエロゲの原画家でカラーイラストメインだったがゆえにライトノベルのイラストの構成に悪戦苦闘する姿や、イラストレーターならではの苦労や葛藤が生々しくかつ丁寧に描かれていてとても素晴らしい作品でした。
これまでにもライトノベル業界を描いた作品は数多く読んできたけれど、イラストレーターに焦点を当ててかつ『超人気作のイラストレーターの交代』という近年でも稀にみる大惨事を物語に組み込んでくるとは。同レーベルで言うと『精霊使いの剣舞』なんかは最初は“桜はんぺん”さんが担当され、アニメ放送後の刊行からしばらくして『盟約のリヴァイアサン』のイラストを担当していた“仁村有志”さんにバトンタッチし、さらにそこから今度は『星刻の竜騎士』のイラストを担当していた“〆鯖コハダ”さんに交代という経緯をたどったライトノベルもあります。
イラストレーター交代の原因や後任になった方も現実として多くの葛藤があったことは言うまでもないけれど、現実に起きていることとしてとらえると作中の出来事がいかに深刻な状況であるかがひしひしと伝わってきて、よりリアリティが感じられる。

ブコメパートに関しては、兄に対してツンの要素しか見せない妹がふとした拍子に見せるデレの要素のギャップに凄く癒されたり。未成年でR18指定のエロゲーの原画を担当した妹の目の前で“参考資料”と称してプレイする兄貴の所業が鬼畜過ぎて、羞恥心からブチ切れる妹の心境がどれだけのものか手に取るようにわかる。もっとも“参考資料”と称して素で妹の前でエロゲーをプレイしていた兄貴は気がついていない模様。

そんな感じで、『クリエイターたちの地獄の日々』を描きつつ、ラノベ編集者の兄とイラストレーターの妹の仲が悪くなるきっかけとなった過去とそれを乗り越えるまでのドラマをラブコメ風味で楽しめる作品でした。

イラストを担当されているHitenさんは、個人的に最近注目しているイラストレーターでもあるので、あの独特の色使いが妙に自分のなかにハマるので印象的です。特にどの作品も黒髪キャラがドストライクです。これからもイラストレーターとしての活躍に期待しています。

※妹を攻略するのも大切なお仕事です。 (MF文庫J)

※妹を攻略するのも大切なお仕事です。 (MF文庫J)

※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。 (MF文庫J)

※妹を可愛がるのも大切なお仕事です。 (MF文庫J)

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

読者と主人公と二人のこれから (電撃文庫)

ライトノベル昔語り

ラノベサイト昔語り - WINDBIRD
ラノベサイト今語り : 本達は荒野に眠る
「ラノベサイト昔語り」に補足できそうなこと。 - 平和の温故知新@はてな

自分がライトノベルに触れ始めてからの歴史は浅いので語れるほどのものはないけれど、思い返せばそれなりの土台が積み上げられていたことに気がついたのでまとめてみようと思いました。


1 小学生時代
おぼろげながら、当時から図書館に通う習慣があり『かいけつゾロリ』などを借り手読んだり書店で購入していた記憶がありますね。あとはワンピースのノベライズがいくつか未だに自宅に眠っていて、このあたりも小学生の時期に読んでいたような気がします。
なので、わりと積極的にいろいろと読んでいたほうなのかとは思います。

ONE PIECE ねじまき島の冒険 (JUMP j BOOKS)

ONE PIECE ねじまき島の冒険 (JUMP j BOOKS)

ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 (JUMP j BOOKS)

ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国 (JUMP j BOOKS)



2 中学生時代
ライトノベルという言葉の存在すら認識しておらず、自主的に書籍に触れて読んでいた記憶があります。
自分の通っていた図書館にあった『デルトラクエスト』や『ナルニア国物語』をレンタルしたり、当時映画化の話もあった『ブレイブストーリー』を探し求めて、近所の書店をはしごしていたこともありました。ついでにPSPのゲームのほうもプレイしていましたね。
あとは郊外の大型書店でテイルズシリーズのノベライズ版を全巻揃え始めたのもこの時期から。テイルズオブリバース、アビス、シンフォニアはまだ自宅に保管してあります。
キノの旅』を友人から何冊か借りてはじめて読んだのもこの時期だったかと思います。ただ、自宅に書籍がないのを見ると、購入するにまではいたらなかったのかな。メチャメチャ楽しく読んでいた記憶はあるんですけど……

デルトラ・クエスト(全8冊)

デルトラ・クエスト(全8冊)

ブレイブ・ストーリー(下)

ブレイブ・ストーリー(下)



3 高校生時代
この時期になってくるとアニメにもガッツリ触れる機会が出てきて『灼眼のシャナ』『アリソン』『とある魔術の禁書目録』の存在を明確に認識しはじめてきていた頃だと思います。
灼眼のシャナの存在は大きく、当時影響を受けてメロンパンを食し始めたのもこの時期からです。アニメから書籍に入った流れだけど、頭のなかに映像化させて読むことができて面白かったです。
禁書目録』と『アリソン』は当時の高校におかれていて、自分は『アリソン』のほうを読んでました。『禁書目録』は表紙がインデックスだったのも覚えてますが、今でも全く読んだことのない作品ですね。



以上をふまえて現在に至るわけですけど、これまでに列挙したタイトルのなかで一番のきっかけになったのはやっぱりアリソンですかね。つい最近まで『一つの大陸の物語』として続巻のあった作品でもあるので、特に思い入れが深いです。
ある意味、自分をライトノベル沼にハマるきっかけを作った友人には感謝ですね。おかげで365日ライトノベルを追いかけているわけですから。今ではラノベ戦闘力2000越えです。これからもコツコツと戦闘力をあげていきたいと思います。

僕はリア充絶対爆発させるマン2

僕はリア充絶対爆発させるマン2 (ファンタジア文庫)

《あらすじ》
独立校の授業で孤島生活をすることになった非リア少年遙真は、島の裏側に隠されたリゾートでイチャるリア充を発見する。同じく島流しにされた姫奈たちと奴等を爆破しようとしたら、「あなたには罰として、立派なリア充になってもらいます!」と居合わせた究極のリア充・国続聖愛の特訓宣言が!?対する姫奈も「遙真は誇り高き独身貴族よ!」と反発し、遙真争奪戦争が開戦!水着でデート勝負、テントでW添い寝(もうリア充じゃね?)と張り合う二人を尻目に―「あの男…。アンズが奪っちゃえばいいんだ♪」謎の黒髪美少女の影まで迫ってきて―。この夏、ビーチに爆炎と恋の大波が巻き起こる!

リア充への怒りを糧にする独身術とリア充の愛を糧にする愛気道が衝突する異能力学園ラブコメ
しかし……、アンチリア充を喧伝する主人公の遥真と“喪中の獅子”のメンバーのひとりである姫奈の二人の関係が「リア充にしか見えない!?」のは言わずもがな。これがよくある『ミイラ取りがミイラになる』というやつですかね。

遥真の童貞×非モテ×変態の三拍子でなおかつ“独立校の生徒”であることが社会的に負のレッテルになっていて排他的な扱いを受ける世界なだけに、遥真の生きる日常がとんでもなく絶望的。そもそも独立校の授業カリキュラムが既にぶっ壊れていて、修学旅行が孤島でテントとごくわずかな食料とナイフを渡されてサバイバル生活(帰宅は各自自力でとのこと)
人生がハードモードな世界で生きる遥真たちの日常。これくらい極端に振り切った世界観になると至る所に独特な社会の歪が生じていて、馬鹿ラノベとして思いっきり楽しめる。

それでいて、遥真たち“喪中の獅子”の目標である《性遺物の回収》という長期的なシリーズ化も視野に入る物語の結末に向けたレールが用意されている。独立校の姫奈をはじめ、告際連合の議長である聖愛(リア充感が漂う字面な名前ですね)や新キャラクターのチュー央高校生徒会長の茅ケ崎杏など、バラエティーが豊富なヒロインポジションも多数登場していて、どれもメインヒロインで立ち回れるくらい良いキャラクターでした。まあ、王道としては最初期のヒロインである姫奈が本命なんだろうけど……。
シリーズも軌道にのってもしもチャンスがあるのなら、3人のヒロインと結ばれたときのifルートを読んでみたいです。

僕はリア充絶対爆発させるマン2 (ファンタジア文庫)

僕はリア充絶対爆発させるマン2 (ファンタジア文庫)

僕はリア充絶対爆発させるマン (ファンタジア文庫)

僕はリア充絶対爆発させるマン (ファンタジア文庫)

如月さんカミングアウト

如月さんカミングアウト (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
如月キサキ。「絶対零度の女帝」として我が校に君臨する生徒会長。その冷たい美貌は人を寄せ付けず、俺のようなオタクには縁遠い存在―のはずだった。「貴方たちの会話に私も入れたらと…いつも思っていました」如月さんは孤独な隠れオタクだったのだ!秘密のオタ友に選ばれて、毎日一緒にゲーム対戦、アニメ鑑賞…普段と違いすぎる如月さん(かわいい!)にドキドキする俺だったが、実は彼女にはもう一つ秘密があって…。
完全無欠な生徒会長と、オタ友はじめました――秘密の放課後ラブコメ

著作、『転生従者の悪政改革録』がとても気に入っていたので今回の新作にも期待していましたが、主人公でオタクの日向と生徒会長で“絶対零度の女帝”と称される如月が共通の趣味を分かち合っているときの楽しそうなやり取りがとても心地よいです。縁のないはずの二人がきっかけを得て交流が生まれ、ドンドン友好が深まっていきお互いに意識し合うまでになる姿が丁寧に書かれていて、微笑ましくもあり妬ましくもある。

あらすじでは中盤以降の世界観を一変させる設定について言及されていないので軽く触れておくと、日向と如月の今後の関係が未来の人類の行く末を決定づける事態に直結しており、如月を除く生徒会メンバーが異なる平行世界からやってきた未来人です。そして、未来人がもつ最先端技術、魔法その他もろもろを駆使して、陰から日向と如月の関係を深めるために支えてくれます(日向本人の許可はとってません)

一例をあげると、未来人のアプローチによって『如月と日向が幼なじみ』の設定を二人の記憶に意図的に植え付けて、全校生徒の前でお互いに愛称で呼び合う仲良しアピール公開プレイを無自覚で披露。これには、正気を取り戻した時の取り返しのつかなさにテンパる二人の光景と、幼なじみ(設定)のやり取りを見せつけられた全校生徒が嫉妬に狂う光景が鮮明にイメージができて、楽しさが倍増しました。もう、こういう火に油を注ぐ展開は大好きです。
前作からとてもお気に入りの作者であり、今回の新作も大変すばらしいものだったので、是非とも次巻の刊行にまでこぎつけてほしいです。

如月さんカミングアウト (角川スニーカー文庫)

如月さんカミングアウト (角川スニーカー文庫)

縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様 (角川スニーカー文庫)

縛りプレイ英雄記 奇跡の起きない聖女様 (角川スニーカー文庫)

転生従者の悪政改革録 (角川スニーカー文庫)

転生従者の悪政改革録 (角川スニーカー文庫)

特殊性癖教室へようこそ

特殊性癖教室へようこそ (角川スニーカー文庫)

《あらすじ》
新卒教師、伊藤が受け持ったクラスは特殊だった―白ギャルビ○チに盗撮魔、ヘンタイ発明家に露出女子、性癖はナイショの清楚系委員長など、20人の特殊性癖の持ち主が集まっていた。伊藤の役目は生徒を正しい道へと導くこと―ではなく、生徒の性癖を伸ばすこと!?アブノーマルな日常にも慣れてきたある日、掃除ロッカーから亀甲縛りの女の子が―第22回“秋”スニーカー大賞話題作。問題児たちが贈る性癖エロコメディ!

sneakerbunko.jp

予想をはるかに越える性描写。イックーさんに引き続き、変態=角川スニーカー文庫風評被害を生み出しそうな超問題作エロコメディ。作中に実際にあったシーンを切り取って紹介すると『男子生徒による女子生徒の盗撮写真が横行』『授業中に女子生徒が主人公のチンコをフェ〇して口内射精』『ロッカーに全裸で亀甲縛りをされて夜の校舎に放置プレイ』などなど。まだまだあるけど列挙しだしたらキリがない。

特殊性癖を抱える生徒を一か所に集結させた『特殊性癖教室』のクラス担任になった主人公(彼女いない歴=年齢、童貞)。誰ひとりとして真っ当な生徒がいないうえに、『誰がどんな特殊性癖を抱えているかわからない』地雷源で職務を遂行することが果たして可能であるか。
そりゃもう、トラブル対応に追われる日々でやることなすことが全部裏目に出て、変態教師だの童貞だのレッテルを貼られる始末。
家庭科室で精力剤入りクッキーを気づかずに大量に摂取して、性欲に理性を奪われフル勃起させて暴走した一件だけは情状酌量の余地があるがそれ以外は完全に主人公の行動の選択ミス。もっと他に良い解決策があっただろうとツッコミを入れざるを得ない展開が多すぎて、バカすぎる内容に対して馬鹿笑いさせられました。

公共の場で読んでうっかり挿絵を覗かれた日にはドン引きされること間違いない際どいエロいイラストが多数あるのでご注意を。


特殊性癖教室へようこそ (角川スニーカー文庫)

特殊性癖教室へようこそ (角川スニーカー文庫)

女神の勇者を倒すゲスな方法 4 「お気の毒ですが変人は増えてしまいました」

女神の勇者を倒すゲスな方法 4 「お気の毒ですが変人は増えてしまいました」 (ファミ通文庫)

《あらすじ》
あらゆる手を尽くし、女神教との一時停戦をもぎとった真一たち。次は“不死身の勇者”を生み出す女神そのものを倒すため各地を旅していた彼らは、かつて女神が直々に破壊するよう命じたと言う“エルフの墓所”の存在を知る。しかしエルフは人間を忌み嫌い、不死身の勇者たちですら一蹴するほどの魔力の持ち主。なるべく友好的に接しようとした真一たちだったが、暴言を吐きまくるエルフに、ついにはセレスがブチギレ――!! 勇者も敵わないエルフ攻略方法はあるのか!? 魔王の参謀となった少年の異世界攻略譚、第4弾!

紙書籍&電子書籍の売り上げも好調であり、女神教が生みだす勇者の核心に迫る重大な局面を迎えた『女神の勇者シリーズ第4弾』が贅沢にも次巻を跨いだ構成という大盤振る舞いな点に、ひとりのファンとしてまだこの作品を楽しむことができること、そしてデビュー作が軌道に乗ってここまでこれたことがとても感慨深いです。
各レーベルが毎年開催する新人賞の受賞作はなるべく目を通しているけれど、その年にデビューしたなかでも特にイチ押しの作家として注目していたので本当に嬉しいです。

“”エルフの墓所に隠された秘密を探るために旅をしていた真一たちを前に立ちはだかるエルフの存在。人間を忌避しエルフの里を守るために“女神の勇者をも圧倒するエルフの少女たち”を前にどうやって攻略の糸口を見つけるのかと思ったけど……、やっぱりゲスな魔王の参謀なだけにえげつなかった。
エルフの少女たち(実年齢と外見年齢がかけ離れているかどうかはさておき)の未熟さゆえに権謀術数に長けた真一の手の平でコロコロ転がされる光景がコミカルに映りすぎて、エルフの少女たちの愛らしさがかえって際立ってくる。特にいじりがいの妄想ワナビ小説家志望のエルフの黒歴史ノートを音読させられてもがき苦しむ姿がぐうの音も出ないほど可愛い。
新キャラクターも交えつつ、魔王軍サイドのアリアン、セレス(個人的に一番好きなヒロイン)、リノの三人と何気なく繰り広げる修羅場ラブコメもちょくちょくねじ込んできて、終始ほんわかしたムードで物語が進んでいくところに癒される。
遠坂あさぎさんのイラストはキャラクターの表情や外見的特徴などが丁寧に描かれていてとても見栄えが素晴らしいのもあるけど、モノクロイラストもカラーに見劣りすることなく綺麗に仕上がっているのが個人的に凄く好みです。個人的にもお気に入りのイラストレーターのひとりです。