働きたくない村人のラノベ日記

ブログ開設2014年5月30日

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン 3

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (3) (電撃文庫)
アラファトラ山脈でアルデラ神軍の大軍と向かい合う、疲労困憊の帝国軍。
勝ち目の見えない状況で、イクタは起死回生の奇抜な作戦を決行する!
そしてかたや、帝国軍を攻めるアルデラ神軍の中に、ひときわ目を引く一人の軍人がいた。
彼こそ、『不眠の輝将』と讃えられる英才。強敵としてイクタの前に立ちはだかる男であった――。
不世出の二人が激突し、息詰まる戦いが展開される。果たして結末は……!?
話題の本格派ファンタジー戦記、ますます盛り上がる第3巻の登場!






北域鎮台に付く『カトヴァーナ帝国軍』VS『シナーク族』の決戦後に突如として現われた『アルデラ神軍』。完全に日和見状態の『カトヴァーナ帝国軍』にも関わらず、いくつもの策略を駆使して窮地を切り抜けようとする“イクタ”。あらすじで銘を打っているとおり、本格派ファンタジー戦記でしたね。

ストーリー全体を俯瞰してみると、大軍VS大軍で鳥肌がたつような作戦で敵を一網打尽にする展開を見れるのがファミ通文庫の『アルティーナ』だとする。『アルデラミン』の見所は盤上での指揮官の論理的な思考に基づいた策略が面白い。
今回の戦争の舞台になった森林地帯を活用した“イクタ”の火攻め。森に火を放って人為的に火事を起こし、敵の進行を妨げることが目的。それを知った敵軍のとった行動は、こちらも同じく森に火を放つことで、火の鎮火にあたるという作戦。

窮地に陥るたびに、都合のいい力に目覚めて大局を凌ぐようなこともなく、自分の周囲に存在するものを全て武器として扱い凌いでいく、そんなファンタジー戦記です。
ガッツリとした戦記ものを読みたいって人にはオススメですね。文書量も多くてかなり内容の濃いラノベですので読み応えがありました。